【動物看護士が解説!】人間にも伝染する??犬のインフルエンザの症状や予防について 


犬のインフルエンザとは?

犬のインフルエンザは日本では感染が確認できていない?

犬にもインフルエンザはあります。
元々、馬や鳥のインフルエンザであったウィルスが、犬に感染を起こしたということが、2004年にアメリカで確認されています。

犬インフルエンザは、「H3N8亜型」や「H3N2亜型」の2種類の
A型インフルエンザウィルスが原因となります。
しかし、これらは日本では感染が確認出来ていません。

この犬インフルエンザの感染の特徴は、もともと犬にこのウィルスにかかったことが無かったため自然免疫がありません。

そのため、咳やくしゃみ、鼻水などによって感染してしまいます。

簡単に感染してしまうものの、比較的症状は軽いです。

犬用インフルエンザワクチンは日本にはない?

アメリカで、このウィルスのワクチンが条件付きで認可されていますが、日本にこの病気がまだ入ってきていないのでワクチンも基本的にはありません。

犬インフルエンザより犬パラインフルエンザ感染症に注意を

国内でよく見られるインフルエンザといえば、「犬パラインフルエンザ感染症」という病気です。

日本では、犬インフルエンザよりも、この犬パラインフルエンザ感染症の方が身近な病気なので、注意が必要です。

今回は、この犬パラインフルエンザ感染症について詳しくお伝えしていきます。

犬パラインフルエンザ感染症は風邪のような症状がでます

犬パラインフルエンザ感染症は、犬パラインフルエンザウィルスによって起こります。

一般的に風邪のような症状がでます。
また、ひどくなったり、他のウィルスや菌と混合感染が起こっていたりすると、ケンネルコフという犬伝染性気管支炎を引き起こしてしまいます。

ケンネルコフとなる原因は、パラインフルエンザウィルスアデノウィルス2型、ポルデテラ菌の単独感染または複合感染となります。

ケンネルコフとは、強い呼吸器疾患が症状として現れます。

動物病院へ来院する犬は、ケンネルコフの症状を引き起こしてからくる場合がほとんどです。

犬のインフルエンザが人間に伝染するか?

犬インフルエンザや、犬パラインフルエンザ感染症は人間のインフルエンザとはウィルスの型や種類が違います。

犬のインフルエンザは人間感染するかというと、基本的には伝染しません。

しかし、犬インフルエンザはもともと馬や鳥から変異したウィルスといわれている事から、さらに変異する可能性も否定できません。

その場合は、人間に伝染する可能性ももしかしたらあるかもしれません。

人間のインフルエンザが犬に伝染するか?

人間のインフルエンザも同じく、犬インフルエンザや犬パラインフルエンザ感染症のウィルスの型や種類が違います。

人間のインフルエンザはから犬へも、基本的には伝染しません。

犬がインフルエンザにかかるということは、人間ほど多くありません。

動物病院ではインフルエンザが愛犬に伝染しないか問い合わせがあります

反対に、人間は毎年冬になるとインフルエンザが流行ります。

その度に、愛犬に伝染しないのかという問い合わせも実際動物病院では多いです。

しかし、基本的には心配いりません。
愛犬といつものように過ごしてもらっても大丈夫です。

犬がインフルエンザに感染した時の症状・対処法・ホームケア

今回、日本である病気、犬パラインフルエンザについて感染した時の症状や対処法、ホームケアについてケンネルコフの説明も交えながらお伝えしていきます。

犬パラインフルエンザの症状

主に短く乾いた咳やくしゃみ、鼻水などの呼吸器に起こる症状です。

症状は割と軽いですが、ケンネルコフを引き起こすと咳やくしゃみがひどくなります。

ケンネルコフは、犬伝染性気管支炎ということだけあって、軽い呼吸器症状を繰り返すうちに、気管に炎症が起こり症状がひどくなってしまうのです。

この咳は、運動時や興奮時、散歩による首輪の刺激や圧迫によってすぐに出ます。

また、えずいたり、嘔吐をしたり、熱が出たり、食欲や元気もなくなったりします。

さらに重症化すると、肺炎を引き起こす場合もあり、命の危険性が高まります。

犬パラインフルエンザ感染症から起こるケンネルコフは、大人の犬に感染することは少なく、感染したとしても数日で治まることが多いです。

抵抗力の弱い子犬に多く見られる病気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です