ウェルシュテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


ウェルシュテリアの基本情報

ウェルシュテリアは、イギリスのウェールズ地方を原産とする2種類のテリア種の1つです。

ウェールズ地方で古くから猟犬として活躍していて、自己判断力や自主性に優れた作業能力に富んだ犬種です。

現在では、ペットとしてやドッグショーとしての人気を得ています。

ウェルシュテリアの歴史

ウェルシュテリアの歴史

~ルーツ~

ウェルシュテリアの起源は、13世紀まで遡ると言われていますが17世紀以前までの文献や絵の記録がないため定かとはなっていません。

1700年代、北ウェールズでは「アニスフォー」という犬がキツネやカワウソ猟で活躍していました。

一方で北イングランドでは「オールド・イングリッシュ・ブロークンヘアード・テリア」という犬が存在していました。

この2つの犬種はあまりにもよく似た外貌を持っていたため、同一のショーに参加した際に審査員が混乱してしまいました。

その後この2種類の犬が「ウェルシュ・テリア」として知られるようになり、キツネやカワウソ狩りに使われる狩猟犬として使われることになりました。

そして1886年に新犬種としてイギリス犬種協会によって公認されることになります。

ウェルシュテリアの歴史

~エアデールテリアとの関係~

イギリスで犬種として認定された当初のウェルシュテリアは、野生的で粗削りでした。

そのため、繁殖家たちによって改良が繰り返され、「ワイヤー・フォックス・テリア」や「エアデールテリア」と交配されました。

その結果、エアデールテリアによく似た外貌を持つことになり、その後ショードッグとしての人気を高めていくことになったのです。

ウェルシュテリアの特徴

  • エアデールテリアの小型版
  • まゆ毛や口ひげ・顎ひげが特徴的
  • ダブルコートでも抜け毛は少ない
  • 毛色は、ブラック&タンが一般的

ウェルシュテリアの特徴

~大きさや身体的特徴~

ウェルシュテリアは、体高36~39cm体重8~10kgの大きめの小型犬です。

よく似ている大型犬のエアデールテリアをそのまま小さくしたような姿で、体長より体高が高いスクエア型な体型で、筋肉質な体つきをしています。

真っすぐ伸びた手足の足取りは軽く、前肢を高くあげて歩く姿からは持ち前の明るさと自信が表れています。

長方形で長く扁平な頭部に小さめの目、V字型に垂れた耳を持っていて、密生したまゆ毛や口ひげ・顎ひげが特徴的です。

ウェルシュテリアの特徴

~毛質や毛色~

ウェルシュテリアの被毛は、針金状の硬いワイヤーコートです。

短くて柔らかい下毛のあるダブルコートの犬種ですが、抜け毛は少ないです。

毛色は、ブラック&タンが最も一般的ですが、黒褐色が混じったようなグレーのブラック・グリズル&タンもあります。

四肢の指にブラックの線(ペンシリング)が入ることもあります。

ウェルシュテリアの性格・気質

  • 明るく非常に活発的
  • テリア気質はあるが、比較的穏やか
  • イタズラ好き
  • しつけは難あり

ウェルシュテリアの性格・気質

~明るく笑顔を作り出すムードメーカー~

ウェルシュテリアは、明るく遊びが大好きな性格です。

他のテリア種よりも穏やかな性質を持っていますが、やはりやんちゃなイタズラ好きな面は共通しているようです。

活発に過ごしたりイタズラに夢中になったり見ていて飽きない一方で落ち着いた面も持ち合わせています。

飼い主家族には愛情深く、小さな子どもにも寛容に接することができるでしょう。

ただし、他のペットとの相性は良いとは言えないようです。

ウェルシュテリアの性格・気質

~他の犬との相性はあまり良くない~

テリア種の中では穏やかな性質を持つウェルシュテリアではありますが、やはり独立心や探求心が強く、頑固で負けず嫌いなテリアらしい気質はしっかりと持ち合わせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です