犬も虫歯になるの??見分ける方法や虫歯の原因、治療法から予防法までを解説


犬の虫歯とは?

犬の虫歯は、人の虫歯と全く同じです。

よく、犬は虫歯にならないなんて聞くことがありますよね。

確かに犬は、人に比べ、虫歯になりにくい体質ではあります。

それは、犬の唾液が人よりも強いアルカリ性なので、虫歯菌が発生しにくい口内環境といえます。

また、犬は人と違って、食べ物をよく噛んで飲み込むことがないため、食べ物が口の中にある時間も少なく、食事自体も人のものと違い、糖分が少ないので、虫歯になりにくいのです。

ただそれは全て「なりにくい」ということであり、ならないわけではありません。

犬の虫歯の症状

人の虫歯であれば、自分で自覚しますよね。

歯が痛いとなれば歯医者さんに行きます。

でもかわいい愛犬は、歯が痛くても「痛い」とあなたに伝えることはできません。

ではどうしたら、自分の愛犬が虫歯だとわかるでしょうか。

犬の虫歯の症状チェック「口内編」

  • 口臭がきつくなってきた
  • 歯茎の色が赤紫色などに変色してきている
  • 歯茎が腫れていて、出血がある場合もある
  • 歯が黄色や茶色い部分がある
  • 歯に歯石や歯垢がびっちり付いている
  • 歯が欠けている

犬の口の中は、基本的に無臭です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です