アメリカンコッカースパニエルの激安ブリーダーは避けるべき?


なぜ安いのか、その理由をしっかり把握し、責任を持って最後まで飼うことができるかを検討した上で購入するのであれば問題ないでしょう。

悪質ブリーダーの存在

激安ブリーダーの中には、良心的なブリーダーと悪質ブリーダーが存在します。

本来ブリーダーは、特定の犬種を専門とし健康状態や愛情面でも気を配って最適な環境で繁殖させています。
しかし、ペットブームが続いている今、金銭目的だけの悪質ブリーダーが増えているのも事実です。
悪質ブリーダーは、愛犬家には考えられないほどのずさんな環境で、ずさんな飼育をして無理な繁殖をさせています。
そういった環境で産まれてきた子犬には、先天性疾患があったりと健康面で問題があることがほとんどです。

悪質ブリーダーであるかどうかを見極めるのは安易な事ではありませんが、犬舎の見学や親犬への面会などを拒むようであれば悪質ブリーダーの可能性があるので、時間をかけてよく見極めてから購入するようにしましょう。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルの激安ブリーダーは避けるべきか?答えは、グレーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です