ポメラニアンが上手に留守番ができるようになる方法とは!?


上手な留守番のさせ方とは?

留守番している時の場所について

留守番の時はできればゲージで過ごさせる方がいいでしょう。
特に子犬の頃は何でもいたずら噛みをしたり口に入れるので、誤飲や電気コードを噛んでしまうなどの事故を回避することができます。
また、犬にとって狭い場所の方が本来は落ち着くはずですから、日頃からゲージで食事をさせたり好きなおもちゃを置くなどして、ゲージ内が落ち着ける好きな空間になるよう工夫をしてあげましょう。
留守中のおもちゃについては、コングに安全なおやつを詰めておいてあげれば、しばらくの間は一人でも楽しく遊べますし、知能もつくのでおススメです。
また、安心できるように飼い主の匂いのついたタオルや服を置いておいたり、ラジオを付けておく、電気をつけっぱなしにするなどして極力人気を消さないようにするのも、不安を感じさせないためには効果的です。

留守番の時間について

最初から犬に長い留守番をさせるのは無謀です。
最初は数分の部屋の退室から始め、徐々に留守番の時間を伸ばしていきましょう。
短い時間から少しづつ始めることによって、過度なストレスや恐怖感を感じることなく、待っていれば必ず飼い主は帰ってくるので安心という事が理解できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です