犬のてんかんってどんな病気? Vol.1


これらは、なんだか不思議なそぶりをよくしているな程度で、言われてみないとそれが部分発作とは気づかれないことが多いです。
部分発作から全般発作に移行することもあります。

全般発作

意識を消失しておこる全身性の発作のことを全般発作といいます。
こちらの発作は、みなさんが真っ先にてんかんといわれて、思い浮かべるような発作だと思います。
バタンと倒れて、体をぎゅーとこわばらせる状態を強直けいれん、また足を縮めたり伸ばしたり、ばたばたさせる状態を間代けいれんといいます。
一般的に、てんかんの全般発作というと、これらのけいれんが同時におこることが多く、併せて強直間代けいれんとよばれてます。
意識がないため、発作時に失禁、脱糞などもおこってしまいます。

まとめ

てんかんといっても、色々な症状があることがお分かり頂けましたでしょうか。
全身性の発作をおこせば、すぐに異常に気づくと思いますが、部分発作は病気のサインとはみられないことが大半です。
理由の分からない不可思議な動作は、部分発作である可能性があることを知って頂いた上で、日常から愛犬の様子をよく観察してあげましょうね。
また、そのような動作がみられた場合は、動画に録画して、一度動物病院でチェックしておいてもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です