しつけの基本!犬に「お手」を教える方法

グレートデーン

グレートデーン

あなたの犬は「お手」をできますか?
おすわりや伏せはできても、「お手」はまだしてくれない…。そんな悩みはありませんか?大丈夫です!「お手」は、犬が覚えるたくさんのしつけや芸の中でも、割とハードルが低く、教えやすいしつけになります。「お手」1つでたくさんのメリットがありますので、ぜひ「お手」はマスターさせましょう。

犬の「お手」とは?

犬がする「お手」にはちゃんと意味があります。

犬にとって、前足はとても大切な部位になり、その大切な前足を差し出し、肉球を触らせるということは、その相手を信頼していなければ、できない行為になります。

*犬は4本足で体を支えますが、体重の比重は7:3で、前足が全体重の70%を支えていることからも、とても大切な部位といえます。

そんな大切な前足を差し出す行為「お手」は、その昔、オオカミが自分よりも上の立場のオオカミに、前足を触れるという習性があり、犬の「お手」はそこから来たものであると考えられています。

人を信頼している証しや、コミュニケーションツールとして、「お手」はとても役に立ちます。

現代犬の「お手」をする意味は?

では実際、私たちの愛犬はそこまで信頼の証〜と、重々しい意味を込めて、お手をしてくれているのでしょうか。

答えは、「グレー」です。

もちろんそのような意味合いは含んではいます。

でも現代では、犬と人は昔以上に近い存在になり、服従させるというより、仲間として「お手」は、もっとカジュアルなものになっています。

要は、仲のいい友達同士が、ハイタッチをしあうことに似ているかもしれません。

現代での「お手」は、人と犬のコミュニケーションツールとしての要素が大きくなっています。

犬の「お手」の教え方

犬がする「お手」の意味を知ると、ただの芸の1つと思っていたものが、とても特別なものに感じてきますよね。

では具体的にどうやって「お手」を教えたらいいか、方法をご紹介いたします。

  • 犬の機嫌がいいときに始めます。
  • おすわりをさせ、「お手」とハッキリ聞こえるように合図し、軽く犬の右手を持ち上げ、優しく犬の手を自分の手のひらに乗せ、5秒ほどキープします。
  • 5秒キープが出来たら思い切り褒め、ご褒美をあげます。

この作業を繰り返すのみです。

「お手」の合図で、犬が自発的に、あなたの手のひらに前足を乗せてくれたら成功になります。

注意したいのは、早く覚えて欲しいと焦り、ついついトレーニング時間を長くしがちですが、犬の集中力はどんなに長い犬でも5分くらいが限度です。

1回のトレーニングを5分と決め、1日に4〜5回繰り返すようにしましょう。

犬が「お手」を覚えない!手をさわらせてくれない!

確かに、犬に「お手」を教えるのは、そんなに難しいトレーニングではありません。