アイリッシュセッターの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


アイリッシュセッターの基本情報

アイリッシュセッター

アイリッシュセッターはアイルランドが原産地の犬種で、猟犬に分類されています

英語では「Irish setter」と表記され、読み方は「セッター」「セター」のどちらでも間違いはありません。
ジャパンケンネルクラブでは「アイリッシュセター」とされています。

特徴的な赤褐色の毛色から「レッドセッター」とも呼ばれています。

現在では、ショードッグやペットとしても人気の高い大型犬です。

アイリッシュセッターの歴史

時間

アイリッシュセッターの歴史
~ルーツ~

アイリッシュセッターはアイルランドを原産とする犬種で、1700年代にアイルランドで発展した最も古いセッター種と言われています。

起源は明確に分かっていませんが、イングリッシュセッターやゴードンセッターなどのセッター系と、スパニエル系、ポインター系の犬が掛け合わされて作られたという説が有力です。

アイルランドの漁師たちによって、猟の際に遠くからでも見つけやすい大型犬にするため改良が繰り返され、1800年前後に初めて真っ赤な色のセッターが誕生しました。

当時は、「アイリッシュ・レッド・セッター」と呼ばれていました。

その後の数年で、マホガニー色に改良されて、外観の美しさも高く評価されることになります。

19世紀中頃にはアメリカに持ち込まれて、鳥猟犬として注目されるようになります。

その頃のアイリッシュセッターは、赤色の毛色だけでなく白地に斑の犬も含めて「アイリッシュセッター」と呼ばれていましたが、のちに白地に斑の犬が「アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッター」として独立し、1876年に赤色の犬を「アイリッシュセッター」と呼ぶようになりました。

アイリッシュセッターの歴史
~先祖犬「パルマーストン」~

1862年頃のアイルランドでは、「パルマーストン」という名前のチャンピオン犬が誕生しました。

長い頭と細身の体を持ち合わせていたため、飼い主は猟に適さないと判断し間引きするよう命じました。

しかし、別のセッター愛好家によって救われたことにより、後にこの犬は品評会で驚くべき成績を上げることになります。

そしてパルマーストンはたくさんの子孫を残すことになり、現在のアイリッシュセッターはこのパルマーストンの遺伝子を引き継いでいると言われています。

アイリッシュセッターの特徴

  • 優美な外見を持つ大型犬
  • 豊富な飾り毛
  • 毛色はマホガニーレッド
  • 高い身体能力と豊富なスタミナを持つ

アイリッシュセッターの特徴
~大きさや身体的特徴~

アイリッシュセッターは、体高55~67cm体重24~32kgの大型犬に分類されています。

優美な外見と共に引き締まった体を持ち、狩猟に不可欠なスピードとスタミナ、高い運動能力を持ち合わせています。

体高より体長がやや長く、前に突出した胸の形もアイリッシュセッターの特徴です。

マズルは長く、飾り毛が豊富な大きな垂れ耳をしています。

ワイマラナー

大型犬の種類について人気の大型犬をランキング形式でご紹介!

2月 8th 2018

アイリッシュセッターの特徴
~被毛の種類や毛色~

アイリッシュセッターの最も特徴的な被毛は、シングルコートで程よい長さの直毛をしています。

耳や脚の後ろ側、おなか、前胸や尻尾には全体より長めの飾り毛が見られます。

アイリッシュセッターの毛色は、マホガニーレッドと呼ばれていて、赤褐色のような美しい毛色をしています。

アイリッシュセッターの価格相場

アイリッシュセッターの子犬の販売価格

アイリッシュセッターの子犬の販売価格は、だいたい15~20万円程度です。

一般的に犬の価格は、「血統」「性別」「月齢」「容姿」「毛色」などによって価格が決められています。

アイリッシュセッターは、ドッグショーでも人気のある犬種のため、ドッグショー向けの犬種標準(スタンダード)に近い容姿を持つ子犬やチャンピオン犬の子犬の場合には、これより高額となり30万円程度することもあります。

また、アイリッシュセッターは「股関節形成不全」の疾患が多い犬種ですが、検査を行ってから販売されていることもあります。
その場合には検査費用としての金額が子犬価格に含まれていることもあります。

子犬を迎えるならブリーダーから。里親制度も。

アイリッシュセッターは繁殖頭数が多くないため、ペットショップでは見かけることはないでしょう。
そのため、子犬を迎え入れるならブリーダーから購入する方法が一般的です。

ブリーダーの数も多くはないため、事前にコンタクトを取っておくことをおすすめします。

その他にもアイリッシュセッターを迎える方法として、里親制度があります。

アイリッシュセッターが募集に出されていることは多くはありませんが、時期によっては新しい飼い主さんを募集しているアイリッシュセッターがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です