犬が車酔いした時の対処法

ドライブ柴犬

犬,車,酔う

犬の車酔いとは?

犬が車に乗ると、楽しそうに窓から顔を出して風に当たる犬もいれば、吐いたりふらふらしたり車酔いしてしまう車が苦手な犬もいます。
犬の車酔いは、人間と同様の仕組みで、耳の奥にある平衡感覚やバランスを整えるための三半規管がうまく機能しなくなることで起こります。
その結果として、車酔いの症状を引き起こしてしまうのです。

犬が車酔いする原因

車酔いの原因とは

犬の車酔いは、車の揺れによって「目に見える景色」と「感覚」にずれが生じ、三半規管に影響が出ることで起こります。

他にも、過去に車酔いしてしまった経験から、または車で感じた嫌なことの記憶や不安心などの心理的なことが原因で車酔いしてしまうこともあります。
例えば、過去に車酔いで吐いてしまった経験や、車の揺れで怖い思いをした経験、車に乗る度に嫌いな病院に連れて行かれるといった不安心です。