犬にも悪影響?タバコが犬に与える影響

タバコ,副流煙,害

タバコ,副流煙,害

タバコが人体に与える影響については広く伝えられており、肺がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気のリスクを高めることでも知られています。
それでは、タバコが犬に与える影響についてはどうなのでしょうか。
今回は、タバコが犬に与える影響についてまとめてみました。

犬に与えるタバコの害とは?

犬の受動喫煙

受動喫煙という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。
受動喫煙とは、喫煙によって生じた副流煙を吸入することで、喫煙者本人よりも人体への有害性が高く健康への影響が大きいと言われています。
この受動喫煙による影響は人だけに及ばず、犬の健康にも大きな影響を与えます。
実際、飼い主が喫煙者の場合の犬の発がん性は約1.6倍にもなると言われており、人間よりも地面に近く鼻を床に付けて匂いを嗅いでいるような犬は有害物質をより多く吸い込んでしまうのです。
さらに、人間よりも体の小さいことからも有害物質の体への影響も大きくなってきます。

受動喫煙による犬への影響

受動喫煙による犬への影響には、咳がでる、鼻のまわりが腫れる、くしゃみなどの軽い症状から、喘息・気管支炎・副鼻腔ガンや肺ガンなどの重い疾患を患う原因となってしまいます。

  • 発がん率が上がる
  • 呼吸器疾患(喘息・気管支炎・副鼻腔炎・肺水腫・肺気腫など)
  • アトピーなどのアレルギー性疾患
  • 老化を早める

タバコの悪影響を受けやすい犬種

タバコによる影響は、犬の体の特徴によっても及ぼす影響に違いがあるとされています。

長頭犬種

ダックスフンドなどのマズルの長い犬種(長頭犬種)は、鼻がフィルターの役割を果たすため鼻に有害物質が蓄積されやすくなるため、鼻腔がんを発症しやすいと言われています。

◆長頭犬種に分類されている犬種

  • ダックスフンド
  • イタリアングレーハウンド
  • プードル
  • コリー
  • ゴールデンレトリバー
  • ラブラドールレトリバー
  • ボルゾイ
  • シェパード
  • ドーベルマン
  • ミニチュアピンシャー   など

短頭犬種

長頭犬種とは逆に、パグなどのマズルの短い犬種(短頭犬種)は、有害物質を直接肺に取り込みやすくなっているため、肺がんを発症しやすいと言われています。

◆短頭犬種に分類されている犬種

  • パグ
  • チワワ
  • フレンチブルドッグ
  • ペキニーズ
  • シーズー
  • ブルドッグ    など

犬がタバコを誤飲してしまった!!

犬は何でも口の中に入れてしまう習性があるため、誤飲が多い動物でもあります。
そのため犬がタバコを誤飲してしまうことも少なくなく、犬の誤飲の中でもタバコの誤飲は10%を占めていると言われています。
特に好奇心旺盛な子犬期の誤飲や、散歩中に落ちている吸い殻の拾い食いには注意しなければなりません。
もし愛犬がタバコを誤飲してしまったら、まずは落ち着いて対処することが大切です。

犬がタバコを誤飲してしまった時の影響。タバコ中毒とは?

一般的には、犬がタバコを食べてしまっても 胃に強く伝わる刺激やタバコに含まれているニコチンによる脳への指令により吐き出す犬が多いようです。
そのため実際に、タバコを誤飲してしまったからと言って大きな問題に発展することが多いというわけではないようです。
タバコそのものを誤飲するよりも、水に浸かりニコチンが溶け出した水が最も危険だと言われています。