14歳の老犬を飼う時の心構え


老犬,ゴールデンレトリバー

犬の14歳 人間で言うと

犬の14歳は、人間と年齢で言うと、小・中型犬で72~83歳、大型犬で103歳に当たります。
犬が年を取るスピードは人よりも圧倒的に早く、小・中型犬だと約4倍、大型犬だと約7倍もの速さで年を取ると言われているのです。
その他にも犬の年の取り方は、体の大きさや犬種によっても異なると言われており、さらに食生活や環境などによっても個体差が出てくるようです。

犬の14歳 老犬の介護について

犬の介護とは?

犬の14歳となると、ほとんどの犬に老いの症状が現れているかと思います。
症状にはそれぞれありますが、主に、

  • 段差や散歩を嫌がる
  • 食欲がなくなった・水を飲まなくなった
  • 寝る時間が増えた
  • 夜泣きする
  • 目が見えなくなった
  • トイレの失敗が増えた・自力でできなくなった
  • 持病を持った

などです。

若いころとは違って、飼い主さんのサポートを必要とすることが増えてしまうのです。
愛犬の食事や睡眠、生活の面で、愛犬が少しでも快適で健康的に過ごせるようサポートしてあげましょう。

犬の介護 ①食事

老犬になると食欲不振などが見られ、栄養バランスが崩れることにより健康状態が悪化してしまいます。
愛犬の状態に合わせて、適切な回数と量の食事を与えてあげましょう。
老犬になると運動量が減り基礎代謝が低下します。そのため、低カロリーフードを与えてあげましょう。
また、消化機能も衰えてきているので、便の様子を見ながら1回の食事量を減らし食事回数を2回~3回へ、3回~4回へと変えてあげましょう。

  • シニア用フードを与える
  • 食事台などを使って楽な姿勢で食事できるようにする
  • トッピングなど工夫をして嗜好性を高める
  • 飲水量も減っている場合は、ドライフードをふやかして与え水分補給させる
  • 自力で食べられない場合には、獣医師に相談の元、流動食を与える

犬の介護 ②睡眠

老犬になると、耳が遠くなったり嗅覚も鈍くなったり、周りへの関心も薄れてきます。
そのため、寝ていることも多くなっているでしょう。
自力で起き上がれない・歩けないケースもあります。
愛犬が安心できる快適な寝床を準備してあげましょう。