犬はピーナッツを食べてもいい?犬のピーナッツの栄養素や与える際の注意点


そうすると、翌日のウンチには、丸々ピーナッツが消化されずにそのまま出てくるのがわかります。

せっかく、体にいいと思ってあげても、消化されないんでは意味がありません。

また、腸に詰まる原因にもなりかねません。

あげる時には、細かく刻むか擦ってあげるようにしましょう。

ご飯の上に、トッピングとしてあげてもいいですよね。

犬に味付きのピーナッツはあげてはダメです

私たちがよく食べるピーナッツは、塩味やチョコレートや砂糖でコーティングされたものなど、どれも味が付いているものですよね。

犬にそれらはあげないでください。

塩がついたピーナッツは、食べることで塩分摂取過多になりますし、犬にチョコレートは毒になります。

砂糖やその他の調味料も、実際犬にとって必要な栄養素ではないので、あげるメリットはありません。

無添加で味付けなしのピーナッツを、あげるようにしましょう。

犬に毎日ピーナッツをあげてはいけません

体にいいピーナッツですが、犬に食べさせてみて、体調が良く問題なさそうな場合でも、毎日ピーナッツをあげるのはおすすめできません。

ご紹介したように、ピーナッツに含まれる脂質は不飽和脂肪酸といっても、摂取するカロリーのことや、マグネシウムやリンの摂取量を考えると、毎日食べる食べ物ではありません。

たまに、少しだけあげる程度がちょうどいいと思ってください。

犬にピーナッツアレルギーがないか注意

初めて犬に、ピーナッツをあげる時には少量から始め、犬の反応を見ますよね。

それには、犬にピーナッツアレルギーがないかを見るためもあるのです。

ピーナッツを食べた後、

  • 皮膚を痒がる
  • 皮膚が腫れたり、湿疹(赤み)が出る
  • 下痢や嘔吐

などの症状があったときは、アレルギーが疑われます。

こういった症状が現れたら、以降、ピーナッツをあげるのは控えるのと、症状によっては、動物病院に行くことをおすすめします。

さいごに

犬用のお菓子などの原材料を見ると、ピーナッツパウダーと書かれていたりしますので、愛犬にアレルギーさえなければ、ピーナッツは体にいい、おやつのレパートリーの1つにしてもいい食材になります。