犬用ブラシは種類が色々!おすすめはこれ!

マルチーズ ヨークシャーテリア

白い犬.首輪.ブラシ

犬用ブラシとは?

一言に犬用ブラシといっても、種類は豊富にあり、愛犬の被毛のタイプによって使い分けることが必要になります。

まずは、犬用のブラシにどんなものがあるのかご紹介していきます。

スリッカーブラシ

犬用のブラシの中で、1番使われているのがこの「スリッカーブラシ」になります。

細いピンが密集している作りのブラシなのが特徴です。

またそのピンはストレートではなく、くの字になっています。

ハードタイプとソフトタイプとがあり、トリマーさんはハードタイプを使っていることが多いようですが、力加減が心配な場合は、ソフトタイプを使うことをおすすめします。

おすすめの犬のタイプ

  • 全ての犬に適応

ピンブラシ

こちらもよく使われる種類のブラシになります。

スリッカーブラシとの違いは、1本ずつピンがスリッカーブラシのピンよりも太く大きく、スリッカーブラシのように密集していないことです。

またピンもストーレートで、先が丸く、ピン自体も柔らかいので犬の皮膚を傷つけることがありません。

おすすめの犬のタイプ

  • 長毛種
  • 短毛種
  • シングル・ダブルコート

ラバーブラシ

名前の通りラバー、ゴムでできていることが多いです。

ブラシは被毛を梳かすというイメージですが、ラバーブラシの場合、皮膚をマッサージするというイメージに近く、ラバーブラシで被毛の表面を撫でることで、余計な死毛を取り除くことができます

皮膚にも優しく、ブラッシングが苦手な犬でもラバーブラシなら大丈夫なことが多いです。

ただこのラバーブラシは、短毛種の犬限定のブラシになります。

長毛種に使うと、被毛同士が絡んでしまうことがあるので注意しましょう。

おすすめの犬のタイプ

  • シングル・ダブルコートの短毛種

獣毛ブラシ

人用のブラシでも獣毛ブラシってありますよね?

基本的に同じ作りになります。

獣毛を使って作られているので、プラスチック製などのものと違い、静電気が起きず被毛の艶が出ると言われています。

この獣毛ブラシは、被毛を梳かすという役割よりも、被毛に着いたホコリや汚れを取り除き、ツヤを出す効果があるので、ブラッシングの仕上げに使うことになります。

おすすめの犬のタイプ

  • 全ての犬に適応

コーム

犬用のコームは、ステンレス製のことがほとんどになります。

人のコームとの違いは、左右でコームの隙間が違うところになります。

幅広と幅狭とあります。

コームを使うことで、毛玉やもつれを簡単に発見でき、無理に引っ張らず、優しくほぐすようにして整えます。