犬が嫌いなものあれこれ!犬の嫌いを理解して、犬ともっと仲良くなろう!


犬の嫌いなニオイってなに?

ご存知のとおり、犬の鼻はとても優れていて、嗅覚は人の数万〜1億倍ともいわれます。

そんな嗅覚を持つ犬の鼻は敏感で、嫌いな匂いというのも様々あります。

犬の嫌いな匂いを知ることで、それらを回避して、快適な犬ライフを送らせてあげましょう。

犬が嫌いな匂いその1. 香水や柔軟剤(人工的な強い匂い)

匂いに敏感な人だと、強い香水の匂いでむせたり、クラクラしちゃうことありますよね。

犬の場合、人にはいい匂いでも、犬の鼻には強すぎ、人と同じようにめまいや頭痛を起こすがあります。

時に、人工的に作った香りを嗅ぎ続けることで、アレルギー反応が起きる場合もあるので注意が必要です

また、人工的な匂いには香水や柔軟剤以外にも、ルームフレグランスや天然ではないアロマオイルなども含まれます。

犬が嫌いな匂いその2. タバコ

犬は本能的に、それが毒だということがわかるのでしょう。

タバコの煙の害は、知ってのとおり「毒」になります。

それは、人より小さい体の犬にとっては、もしかしたら人以上に害があるかもしれません。

アレルギーを引き起こすだけではなく、慢性的にタバコの煙を吸うことで、呼吸器の病気になることも考えられます。

犬が嫌いな匂いその3. 酢

料理に使うと美味しい酢も、直接酢の匂いを嗅ぐと「ツン」としますよね。

そのツンとした刺激臭は、犬の場合、相当強い刺激が鼻をさします。

単純にその刺激が犬は嫌いなようです。

犬が嫌いな匂いその4. 柑橘系の匂い

柑橘系の匂いには、ミカンやレモンなどが一般的ですね。

稀に、ミカンやオレンジを食べるのが好きな犬がいますが、嫌いとするのは、そういった柑橘系のフルーツの皮になります。

それらの皮には、柑橘精油という成分が含まれいて、その匂いが苦手とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です