犬が嫌いなものあれこれ!犬の嫌いを理解して、犬ともっと仲良くなろう!


ミカンの皮を剥いた時に、皮の汁が間違って目に入って痛かったりしますよね。
あれが柑橘精油です。

犬が嫌いな匂いその5. アルコール

犬は、飲み物としてのアルコール以外にも、消毒のアルコール臭や、除光液に含まれるアセトンなど、アルコールと呼ばれるもの全般の匂いが嫌いです。

犬はアルコールを体の中で分解できません。

そのため、飲み物であるアルコールは毒でしかないので、当然、本能的にアルコール臭=危険・嫌いとなるのでしょう。

犬の嫌いな音はなに?

続きまして、犬の嫌いな音についてです。

これは、その犬が育った環境でも違いますよね。

常に静かなところで育った犬は、少しの大きな音でも怖がる場合がありますし、逆に、常に車が行き交う、雑音がするところで育った犬は、ちょっとした音には動じません。

そもそも犬の聴力は人より優れています。

低音域で言えば、犬が40ヘルツで人が20ヘルツなので、さほど差はないようにみえますが、高音域に関しては、犬は6万5千ヘルツで、人はたった2万ヘルツしかありません。

そのため、犬は人には聞こえない高音域をキャッチする事ができるのです。

では、一般的に犬ってどんな音を嫌うのでしょうか。

犬の嫌いな音その1. 掃除機

掃除機の音って、私たちでも嫌いですよね。

犬にとっては、それ以上に不快なのです。

そのヒミツは、モーター音にあります。

モーターの回転する音、振動する音、吸引音、そういった音が全てミックスして、あり得ないくらい大きな不快音になるわけです。

掃除機をかけている時、電話が鳴ったり、誰かに話しかけられても気づかないことがあるくらいですから、聴力がいい犬にとって、どれほどの爆音かは想像できますよね。

犬の嫌いな音その2. 雷や稲妻

雷や稲妻は、そう頻繁に起こる音ではなく、突然大きな音が鳴るため、犬はびっくりして、その理解できない音に対して恐怖を覚えることが多いようです。

また、考えられるのは、雷や稲妻が鳴るときの気圧の変化も、犬にとっては嫌だと感じる要素かもしれません。

あまりにも怖がる時には、カーテンを閉めたり、クレートなど、狭くて安心できる場所を作ってあげるのも方法になります。

また、音に慣れさせるため、いろいろな音のCDを聴かせることも効果が期待できます。

犬の嫌いな音その3. 車やバイクのエンジン音

最近では静かなエンジン音の車もありますが、そうではない音が大きな車やトラック、バイクの音は、一般的にどの犬も嫌う傾向にあります。

おそらく、こういったエンジン音は自然界では絶対に存在しない音であり、犬にとっては、理解不能な爆音なのかもしれません。

私たちでも、大きなトラックが走り去ると、耳を塞ぎたくなることがあります。
それと一緒ですね。

犬の嫌いな音その4. 工事の音

この工事の音も、車やバイクの音と同じで、ドリルでコンクリートを削る音や、ダンプカーの騒音。

道路工事などが近所であると、家の中にいてもかなりの騒音ですよね。

犬にとって、安心して落ち着けるはずの室内なのに、騒音がひどくては、落ち着くどころではなく、ストレスになることでしょう。

工事の時間帯だけ、犬を連れて外出するという方法もありますが、長期の工事であれば、毎日出歩いてもいられませんよね。

家の中で、どこが1番静かな場所かを探り、そこにクレートや寝床を準備して、少しでもストレスない環境を作ってあげる工夫をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です