犬に下痢止めを飲ませる?飲ませない?下痢止めの正しい知識


クスリ,犬,下痢止め

犬の下痢止めとは?

下痢止めとは、止瀉薬ともよばれる主に下痢をした場合にその状態を止める役割を持つ薬のことを指すことが一般的です。人でも下痢を起こした時に処方される薬や、薬局でもすぐに手に入る下痢止めの薬の種類も最近多く販売されていて、このような下痢止めの薬を使用したことがある人も多いかと思います。

犬も人と同じく、一般的な下痢を引き起こした場合には、動物病院で処方される下痢止めがあります。下痢止めには種類がいくつかあり、動物病院で処方される場合は、その原因によって適切な下痢止めが処方されます。また、動物用の下痢止めや、人で処方される下痢止めも使用されることもあります。

人では、薬局やドラッグストアなどで手に入るような下痢止めは副作用も少なく、自己判断で使用することもあるかと思います。しかし、犬が下痢を起こした場合には実際に原因がはっきりしていない場合も多く、下痢止めを飲む量も人とはかなり違ってくるため、自己判断で人が飲む下痢止めが家にあったからといって、使用することはおすすめ出来ません。

犬が下痢をする原因

犬が下痢をする原因は、様々です。よくある下痢の原因を挙げて説明していきます。

ストレス

犬にも様々な性格や犬種によっての特徴があります。マイペースで何事にもどっしりと構えられるような性格の子がいれば、神経質で少しの物音や他人や他の犬にも臆病な性格の子もいます。このように、人でもストレスに弱い性格で、そのストレスが体調に悪影響を及ぼす人がいるように、犬にも少しのストレスが体調に出てしまい、下痢を頻繁に起こしてしまう子はいます。

愛犬がこのような神経質な性格の犬であれば、飼い主さんに怒られたり、長時間の留守番であったり、掃除機など家電の音や工事現場などの外からの騒音でもストレスを感じてしまい、下痢を起こしてしまう原因となります。

環境の変化

環境の変化によって下痢を引き起こしてしまうというケースも犬ではよく見られます。