ブリュッセルグリフォンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


ブリュッセルグリフォンの基本情報

ブリュッセルグリフォンは、ベルギーを原産とする犬種です。

赤茶色のワイヤーコートを特徴とする小型犬ですが、兄弟犬でもある同じベルギー産で黒い被毛を持つ「ベルジアン・グリフォン」とスムースコートの「プチ・バラバンソン」をイギリスなどでの一部団体では同一犬種として登録している団体もあります。

国際畜犬連盟や日本国内ではこの3種を別犬種として登録されており、国内での「ブリュッセルグリフォン」の人気は、近年上昇傾向にある注目犬種です。

ブリュッセルグリフォンの歴史

ブリュッセルグリフォンの歴史①
~ルーツ~

ブリュッセルグリフォンは、1800年以前のベルギー・ブリュッセルで「アーフェンピンシャー」や「グリフォン」と呼ばれる地犬を元に生まれた犬だと考えられています。

食物を荒らすネズミなどの害獣駆除を得意とし、明るく愛らしい様子から一般家庭だけでなく上流階級の家庭でも人気が広まっていきました。

1800年代後半になると、当時流行していた鼻ペチャの顔立ちになるよう隣国オランダで人気のあったパグと交配され、1880年後にはヨークシャーテリア、イングリッシュトイスパニエルと交配されて現在のような姿になったと考えられています。

害獣駆除の能力は衰えることになりましたがドッグショーに登場するになり、次第に貴族階級での人気を博すことになりました。

ブリュッセルグリフォンの歴史②
~兄弟犬「プチ・ブラバンソン」と「ベルジアン・グリフォン」~

他犬種との交配をされたことによって、異なる特徴を持つ犬が生まれるようになりました。

パグとの交配によってスムースコートの個体が生まれるようになり、ヨークシャーテリアとの交配により黒い被毛をもつ個体が生まれるようになったのです。

同じ母犬を持ちながらも異なる特徴を持つ子犬は、赤茶色でワイヤーコートの個体を「ブリュッセル・グリフォン」、スムースコートの個体を「プチ・ブラバンソン」、黒い被毛を持つ個体を「ベルジアン・グリフォン」と区別して呼ぶようになり、原産国ベルギーではこの3種を別犬種として扱うようになりました。

ちなみに「グリフォン」とは、フランス語で“針金のような”を意味します。

国際畜犬連盟においても3種類を別犬種として扱っていますが、他国では3種類を同じ犬種として扱う国もあれば、スムースコートの「プチバラバンソン」と、ワイヤーコートを持つ2つの「グリフォン」を同一犬種として、2種類とする国などがあります。

日本では国際畜犬連盟の考え方に準じて3種類の犬種として扱っています。

ブリュッセルグリフォンの特徴

  • 体重5kgまでの小型犬
  • 長く豊富な顎髭と口髭
  • 硬いワイヤー状の中毛
  • 毛色は「ジンジャー」

ブリュッセルグリフォンの特徴①
~大きさや身体的特徴~

ブリュッセルグリフォンは、体高18~20cm、体重3~5kgの小型犬です。

体長と体高がほぼ同じスクエア型の体型で、しっかりとした骨格を持っています。

体の割に大きめの頭部を持ち、マズルは潰れていて三角に垂れたボタン耳、顎髭や口髭が印象的です。

耳は断耳して立ち耳になっていることや断尾されていることもありましたが、近年では動物愛護の観点から断耳や断尾は行われてなくなってきています。

ブリュッセルグリフォンの特徴②
~毛質と毛色。被毛による分類~

ブリュッセルグリフォンは、全身を針金状の長毛に覆われているシングルコートです。

毛色は、「ジンジャー」とも呼ばれる赤みがかったブラウンをしています。

ブラックなどのダーク系の色味が強い場合は「ベルジアン・グリフォン」に分類され、スムース(短毛)の場合は「プチ・ブラバンソン」に分類されることになります。

ブリュッセルグリフォンの価格相場

子犬の価格相場

ブリュッセルグリフォンの子犬の販売価格は、だいたい20~40万円です。

ブリュッセルグリフォンは難産なうえ、1度に生まれる頭数も1~3頭しか生まれない希少な犬種のため、一般的な犬種の中でも相場が高い傾向にあるようです。

さらに、親犬がドッグショーで優秀な成績を取っている場合や、ショー向けの容姿を持つ子犬の場合には40万を超えることも少なくないようです。

ちなみに兄弟犬「ベルジアングリフォン」「プチブラバンソン」との価格差はそれほど変わりないようです。

子犬を迎えるならブリーダーから

ブリュッセルグリフォンは希少犬種なだけにペットショップで見かけることが少ないため、ブリーダーで探されることをおすすめします。

国内にもブリュッセルグリフォンのブリーダーがいます。
ただし、子犬の数が多くない上、近年ブリュッセルグリフォンの人気が上昇しつつもあるため、希望している時期に子犬が見つかるとは限りません。

そのため、あらかじめブリーダーにコンタクトを取っておくことをおすすめします。

比較的、遺伝性疾患の少ない犬種ではありますが、実際に子犬やその親犬を見て健康状態をチェックし、飼育環境を見学させてもらうようにしましょう。

ブリュッセルグリフォンの性格・気質

  • 愛情深く活発
  • やんちゃないたずらっ子
  • 被毛(種類)による性格の違いがある
  • 人懐こい

ブリュッセルグリフォンの性格・気質①
~明るくてイタズラ好き~

ブリュッセルグリフォンの性格は、明るく温厚です。

遊ぶことが大好きで、体全体を使って喜びを表現するようなとても活発な犬種です。

時には、遊びからいたずらにエスカレートしてやんちゃが過ぎることもあるでしょう。

基本的には人懐こく友好的なので、子どもや他のペットとも仲良くすることができます。

ブリュッセルグリフォンの性格・気質②
~吠え癖がつきやすい~

人のことが大好きで、人の表情や行動をよく観察しています。

理解力もありますが、自己主張が強く気まぐれな性格でもあるためしつけは簡単ではありません。
根気強く行うことが必要です。

強い警戒心を持っていますが、攻撃性を見せることはほとんどありません。

ただし、吠え癖がつきやすい傾向があります。
さらに体のサイズの割に大きな声を出すので、無駄吠えのしつけは欠かせないでしょう。

ちなみに、被毛のタイプによって性格に若干違いが見られるようです。

ブリュッセルグリフォンの性格・気質③
~オスとメスの違い~

ブリュッセルグリフォンのオスは、メスよりも活発でイタズラ好きな傾向があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です