犬は野菜を食べてもいい?犬が食べると危険な野菜と犬の健康に良い野菜


犬に野菜は必要?野菜を与えるメリットとは?

犬に野菜は必要?食べても大丈夫?

犬は野菜を食べても大丈夫です。

ただし、野菜の選び方や与える量・与え方に気を付けなければなりません。

「犬は野菜を食べても上手に消化できない」ということを聞いたことはないでしょうか?

これは事実です。

犬は雑食動物と言ってもほとんど肉食寄りなので、野菜に含まれている食物繊維を上手に消化することができない体の作りになっています。

犬にとって野菜は必ず採るべき必要のあるものというわけではないのです。

それでも、野菜に含まれている栄養分は犬にとっても効果が期待できます。

その効果を最大限活かすためには、適度な量で正しく与えることが必要です。

犬に野菜を与えるメリットとは?

犬にとって野菜は消化しにくい食材ではありますが、その分腹持ちが良く低カロリーでもあるため、ダイエット中の犬やおやつにとしても役立ちます。

また、その食材の持つ栄養を摂ることができるので、愛犬の健康状態に合わせて必要な栄養を与えてあげることもでき、ほとんどの野菜に含まれている食物繊維によって便秘解消も期待できます。

野菜を上手に使い分けることで、愛犬の健康を促進してあげることができるのです。

犬が食べてはいけない野菜

犬が食べてはいけない野菜①

~玉ねぎ・青ねぎ・ニラ・らっきょう・にんにくなどのネギ類~

玉ねぎやにんにくなどのネギ類には、「アリルプロピルジスルフィド」という有機硫黄化合物が含まれています。

この成分を犬が摂取すると、赤血球を破壊してしまい貧血や血尿を引き起こす「たまねぎ中毒」になります。

この成分の許容量には個体差があり、少しの量で症状が出る犬もいればほとんど症状が出ない犬もいますが、与えないようにしましょう。

また、これらのネギ類と一緒に調理したものもエキスが溶け出しているため注意してください。

犬が食べてはいけない野菜②

~アボガド~

アボガドを犬に与えることは少量であれば大丈夫だという説もありますが、アボガドには「ペルジン」という中毒症状を引き起こす成分が含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です