アメリカンコッカースパニエルの性格からみる多頭飼いの注意点

初めて迎え入れる際、喧嘩をしたり、唸られたりすると、アメリカンコッカースパニエルは怖がってしまい、仲良くすることが難しい場合もあります。

一番いい迎え方は、後から来る犬が子犬の頃に迎え入れることです。
子犬の頃の社会性を育てるのにもいい時期ですし、お互い環境に慣れやすい時期なのです。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルは温厚な性格で怒ることは少ない犬種のため多頭飼いしやすい犬種ですが、相性や迎え入れ方は気をつける必要があります。
犬種のベースとなる性格とその犬個別の性格をきちんと理解し、新しい犬を迎え入れましょう。
先住犬を優先する迎え入れ方が大切で、迎え入れた後も、先住犬のメンタルのケアや、新しく迎えた犬のしつけもしっかりしないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です