アメリカンコッカースパニエルの避妊手術における注意点

アメリカンコッカースパニエルは、皮膚が弱い犬種ですので、包帯やテープでかぶれる場合があります。
あまりにもかぶれが酷く、かゆみを伴う場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。
テープや包帯を定期的に交換するなど、その症状にあった処置をしてもらわなければいけません。

まとめ

避妊手術は、麻酔をかけてする手術となりますので100%安全という訳ではありません。
もちろん避妊手術をすることで様々なメリットもあります。
また、アメリカンコッカースパニエルならではの注意点もありますので、そこも含めてしっかり考えてあげましょう。
手術後の身体的・精神的なケアもしっかり行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です