ポメラニアンのトイレについて。トイレトレーニングやトイレのタイミングは?


教え方について

排泄の失敗をすると掃除の手間もかかりますし、臭いも気になる事でしょう。
失敗が続くとついカーッとなって叱ってしまいがちですが、極力叱らずに“誉めて伸ばす”を意識してトレーニングを行いましょう。
なぜなら、強く叱られることによって『排泄=いけないこと』と覚えてしまい、最悪の場合隠れてするようになったり、我慢してしまったり、怒られないように食ふんするようになってしまう事もあります。
褒められると私たち人間も嬉しくなるように、犬にとっても飼い主に褒められることはとても幸せな事ですから、上手にトイレの場所でできた時にはめいっぱい褒めてあげましょう。
沢山褒める事によって信頼関係が深まる事にも繋がります。
時には叱らなければならない時もあると思いますが、時間が経ってから怒っても子犬にとっては何に怒られているのか分かりませんので、叱る時は必ず現行犯の時にしましょう。

合言葉を作ろう

子犬が排泄している時やもう少しで排泄をしそうな時は『シーシー』『ちっち』などの決めた言葉を言ってあげましょう。
排泄と『シーシー』などの言葉が子犬の中で結びついて覚えてくれると、ぐんと排泄が促しやすくなります。
また、トイレに失敗した時はしっかりと臭いを消して“この場所ではないよ”と示してあげることも成功へのカギとなります。
ポメラニアンに限らず、犬にとっては飼い主が笑顔で褒めてくれることが最高の幸せですので、トイレトレーニングを進めながらより信頼関係を深めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です