シーズーのを散歩させるには? 散歩の方法を解説

散歩中の注意点

散歩は楽しいものですが、トラブルが一切無いという訳ではありません。
シーズーにありがちなトラブルの代表例として、ノミの寄生と病気の感染があります。

シーズーはトリミングで短くしない限り、毛質は長くカールしており、ノミに寄生されやすい特徴があります。
シーズーは、大変皮膚が弱い犬種ですので、ノミに吸血されることにより、ノミアレルギー性皮膚炎を起こし体を痒がります。
また、ノミを自宅へ持ち帰ってしまい、飼い主や家にいる他の哺乳類にもノミが寄生してしまうこともあります。

シーズーは小型犬で短頭種であるため、病気に感染しやすい特徴があります。
体高が低く顔が地面に近いことや、鼻先が短く鼻と口が近いため鼻についた病原体が口の中に入りやすいことがその理由です。
犬は匂いを嗅ぐ習性があり、仮に病気に感染した犬の匂いを飼いだ場合、鼻に病原体が着きます。
短頭種は鼻を舐めやすいので、経口感染してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です