テリア犬の魅力にどっぷりはまる!?テリア犬のご紹介

テリア犬

テリア犬

〇〇テリアと「テリア」が付く犬種は、探せば本当にたくさんいます。あなたはどれだけのテリアをご存知でしょうか。そもそもなぜ、◯◯テリアと名前がつくようになったのでしょうか。見た目は全く違うテリアもいる中、ある共通点もあるのです。今回はそんなテリア犬のヒミツに迫り、テリア犬の魅力をたくさんご紹介いたします!

テリア犬とは

テリアという名前の由来から解説していきましょう。

テリア(Terrier)はラテン語で土や地面、大地というterraという言葉から生まれたといわれています。

そして、ほとんどのテリア犬はイギリスで誕生しています。

テリアと呼ばれる犬たちはみな、土を掘ることが得意で、穴に入り込んだネズミやうさぎ、ときにキツネなどを狩ることに優れています。

それらの能力から、テリアという名前がつけられるようになりました。

テリアの種類

数多く存在するテリア犬ですが、現在テリア種といわれる犬種は、世界に44種類以上いるとされています。

そのほとんどは、かつてしていた狩りではなく、各家庭で愛される愛玩犬として平和な毎日を送っています。

それでは、テリアの種類と、どんな犬種がいるのかを一部ですがそれぞれご紹介していきます。

テリアのタイプは3種類

テリア犬は大きく分けて3種類あります。

それぞれ体格が違い、それに合わせてしてきた仕事も違います。

テリアのタイプ①足の短いテリア

狭いところでも上手に追いかけることができる体型のため、足が短いテリアは、地面近くに巣穴を作る小動物を狩る仕事を主にしていました。

ウェストハイランドホワイトテリア

ウェスティとも呼ばれる、人気のテリア犬になります。

小さな体と短い足が特徴的です。

一見、大人しそうな見かけですが、好奇心旺盛で、常に楽しいことを探して歩き回ります。

真っ白な被毛は硬めのワイヤーヘアになります。

スコティッシュテリア

小さな体は全く華奢とは無関係かのように、がっしり骨太な体格になります。

小さくても立派に小動物と戦い、狩をしていたため、かなりの体力を持っています。

他の犬や動物にはあまり友好的ではありませんが、基本的に人は大好きです。

ノーフォークテリア

ノーフォークテリアは、体長が体高よりやや長いのが特徴的です。

勇敢で、怖いもの知らずに敵に向かっていく強さを持ちます。

大変頭がいいので、しつけもしやすい反面、自分が決めたことには頑固になる傾向があります。

人が大好きですが、独立心も持っていますので、いい距離を保って付き合うことができます。

ノーリッチテリア

ノーフォークテリアとノーリッチテリアはほぼ同じ歴史を持ちます。

当時は、同じ犬種として扱われていたこともあります。

見た目の違いといえば、ノーフォークテリアが垂れ耳なのに対し、ノーリッチテリアは立ち耳になります。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリアはテリア犬には珍しく、シングルコートの長毛種になります。

被毛はシルクのように細く艶やかで、年齢毎に毛色が変化します。

かつてはネズミを捕らえる仕事をしていたヨークシャテリアですが、今では完全に愛玩犬として、定番の人気を誇ります。

見かけは守ってあげたくなる小型犬ですが、そこはテリア犬。

活発でときに頑固な一面を見せることがあります。

かわいさからつい甘やかして育ててしまうと、問題犬になってしまうことが多いです。

オーストラリアンテリア

様々なヨーロッパの犬と交配し、オーストラリアのタスマニアで誕生したテリア犬になります。

テリア犬の中でも穏やかな性格を持っているのが特徴です。

ただやはりテリア犬種なので、狩猟本能があるため、戦いのスイッチが入ってしまうと、ガウガウなってしまうことがあります。

ケアーンテリア

オズの魔法使いのトート〜で有名になったのが、ケアーンテリアになります。

世界中にいるテリア犬の中で、最もテリアの原型に近いとされている犬種です。

気が強くやんちゃな性格を持ちますが、家族の愛情に応えようと一生懸命な姿は本当に健気で、繊細な一面も見せます。

子供と遊ぶことは得意ですが、他の小動物とは仲良くできないことが多いです。

シーリハムテリア

大きな特徴は、胴長短足で、体に対して頭が大きいバランスにあります。

かつては飼育数もあったシーリハムテリアですが、2008年には50頭切るまでに減少してしまいました。

現在では少しづつではありますが、回復傾向にあるようです。

プライドが高く、警戒心も強いため、知らない人には一切なびきません。

一方、心を許した飼い主にはどこまでも尽くします。

スカイテリア

体長が体高の2倍あるのが特徴になります。