犬がついてくるのにはこんな理由があった!


犬,ダックスフンド

犬がついてくるのはなぜ?

犬が飼い主の行く先についてくる行動を「後追い行動」と呼びます。
愛犬の愛らしい行動の1つではありますが、犬の後追い行動を全て犬の愛情表現と捉えてしまってはいけません。
中には改善すべき理由も隠れています。
それでは早速、ご自宅の愛犬がついてくる理由を探ってみましょう。

犬がついてくる理由① 本能

犬がついてくる理由、それは飼い主のことをボスと認識しているからかもしれません。
犬は、本能的にボスについていく習性を持っています。
そのため、室内であってもついて来るのです。
本能でついて来る場合には、ボスと認識している人にしかついていきません。
家族の1人にしかついていかないという場合なら、その人のことをボスだと認識していることから後追い行動をしていることが考えられるでしょう。

犬がついてくる理由② 問題行動

犬がついてくる理由には、問題として捉えるべきことがあります。

◆分離不安

分離不安とは、飼い主への依存心が強く、ひとりになったときにパニックを起こしたり、破壊や吠えるなどの問題行動を起こしてしまうことです。
分離不安の犬に見られる行動の1つに、飼い主の行く先々ついてくることがあります。
リラックスして休んでいる時でも、飼い主の動きに敏感に反応し、行き先が例えトイレであろうとお風呂であろうとついて来きます。

分離不安になる大きな原因としては、社会化不足があります。
また、過度に甘やかしてきたことで飼い主に依存してしまっていることも考えられます。