犬に「芸」トリックを教えることはイイコトがいっぱい!!


犬の芸(トリック)としつけの関係

犬にはしつけが必要ですよね。
トイレやお座り、待てや伏せなど。
これらは犬が人と暮らす上で、双方にとって大切なことなのです。
例えば、興奮してしまっている犬を落ち着かせるためにさせる「お座り」や、外出先で障害物から犬を守るために「待て」も使うことがあるでしょう。
また、万が一災害が起きて避難する際、最低限のしつけが入っているのといないのとでは、避難のスピードにも差が出てきます。

というように、しつけは必要不可欠なことになります。
一方、芸はというと、簡単なものでいうと「お手」や「おかわり」がありますね。
ただ、これができてもできなくても犬も人も不便はありません。
じゃあ、何のために教えるの?

犬に芸(トリック)を教えるメリット

犬にはなぜ、芸を教えるのでしょうか?これにはちゃんと理由があるのです。

人とのコミュニケーションツールになる

例えば「お手」や「おかわり」「持ってきて」などという芸を教える時、犬にとってそれは、飼い主さんとの大事な遊びの時間なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です