愛犬が誤飲してしまった!!対処方法とは?


犬の誤飲の原因で多いのは!?

子犬の時期の誤飲が最も多い?

犬の誤飲で動物病院に駆け込む飼い主さんは少なくありません。

子犬の時期に最も誤飲が多いと言われています。

好奇心旺盛で知らないことが多い子犬は、何でも口に含んでしまうため誤飲してしまうケースが多いようです。

他にも、ダイエット中の犬にも誤飲が多い傾向にあるようです。

愛犬の誤飲を防ぐには

犬の誤飲は、おもちゃの一部や靴下、石・砂、人用の薬、犬が食べてはいけない食べ物など、場合によっては命を落としかねない物を誤飲してしまうというケースも少なくはありません。

愛犬が誤飲してしまうことは、飼い主の不注意とも考えられますが、誤飲しないように気を付けていたのに誤飲してしまったという事も多くあります。

ちょっと目を離した隙に、取り出そうとしたら飲み込んでしまったなど、全てが飼い主の不注意というわけではないようです。

それだけ犬は口に物を含んでしまう動物だということをきちんと理解して、誤飲しないように細心の注意を払う必要があります。

犬が誤飲してしまった時の症状とは?

誤飲してしまった時に見せる犬の症状として多いのが、食欲不振や下痢、嘔吐、呼吸困難などがあります。

犬が何を誤飲してしまったのか、飲み込んだものがどこまで到達しているのかによっても症状が変わります。

例えば、おやつなどが食道で詰まってしまうことで呼吸困難になったり、おもちゃが胃に達してしまって嘔吐する、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です