犬用キャリーバッグのタイプと選び方


犬用キャリーバッグのタイプと選び方とは?

最近では様々なタイプの犬用キャリーバッグがあるので、いざどれを購入しようかと悩むことも多いのではないでしょうか。

犬用キャリーバッグの選び方として基本的なことは、愛犬に合ったサイズのものを選ぶことです。

大きすぎると移動時に体が大きく揺れてしまい危険なため、窮屈過ぎずあまり大き過ぎないものを選ぶと良いでしょう。

犬用キャリーバックの目的や用途によって、タイプを選んでいきましょう。

犬用キャリーバッグのタイプ① ハードキャリー

丈夫で安定感があるのがハードキャリーで、クレートとも呼ばれています。

プラスチックなどでできたものがほとんどです。

車での移動時にシートベルトで固定できるものも多いのと同時に、幅や重みがあるため愛犬と車での移動に向いています。

またハウス代わりにすることもできるため、普段使いでも旅行先などでも活用できます。

犬用キャリーバッグのタイプ② ソフトキャリー(ドーム型)

ソフトタイプのキャリーバッグの最大のメリットは、軽量で持ち運びがしやすい点です。

手持ちと肩掛けができるものが多いです。

通気性メッシュから愛犬の様子を確認することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です