犬がにんにくを食べてしまった!!犬ににんにくを与える危険性とは?


貧血のある犬や子犬、アレルギーを持っている犬の場合は特に、にんにくは食べさせないようにしたほうが良いでしょう。

ちなみに、にんにくよりも芽の部分に硫化アリルが多く含まれているので、にんにく同様与えないようにしましょう。

にんにく

犬がにんにくを食べてしまった時の症状

犬がにんにくを食べると「たまねぎ中毒」を引き起こすと前述でも述べましたが、「たまねぎ中毒」が引き起こす具体的な症状は以下の通りです。

  • 貧血
  • 黄疸
  • 元気消失
  • 下痢・嘔吐
  • 胃痛・腹痛
  • 食欲低下
  • 頻脈
  • 血尿・血便
  • 食欲減退・衰弱
  • 接触性皮膚炎
  • 偽ぜんそく発作
  • 痙攣          など

個体によって出る症状も様々ですが、基本的には貧血や溶血を起こし、最悪の場合は死に至ります。

犬がにんにくを食べてしまったら場合

にんにくに限らず犬の誤飲誤食は意外に多く、動物病院に駆け込む飼い主は少なくありません。

「ちょっと目を離した隙にテーブルの料理を食べてしまった」「キッチンに入って勝手に食べてしまった」など誤食のシーンは多く予想されます。

特に犬の誤飲誤食は、子犬の時期に最も多いと言われています。
子犬の場合、体も小さいため例え少量であっても危険なことがあるので、気を付けなければなりません。

犬が誤ってにんにくを食べてしまったら、きっと不安でいっぱいになりますよね。

それでもまずは、飼い主さんが落ち着いて対応しなければなりません。

犬がにんにくを食べた量、いつ食べたか。
を把握しましょう

犬がにんにくを食べた量、犬の体の大きさなどにもよりますが、ごく少量であれば犬の体調を注意深く観察しましょう。

にんにくは、少量だと滋養強壮や肝機能・免疫力の向上に効果があるとも言われているので、まずは落ち着いて、どのくらいの量をいつ食べたのかを把握しましょう。

それでも心配だという場合や大量に食べてしまった場合には、すぐに動物病院に連絡を取って指示を仰ぐようにしましょう。

主に気を付けることは、

  • 元気がなくなっていないか
  • 尿や便に血が混ざっていないか
  • 嘔吐はないか
  • 皮膚に異常が現れていないか

などです。

少しでも異常が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です