犬の迷子札の選び方とおすすめ商品5選


~迷子札との違い~

行政機関によって飼い主が特定される鑑札とは異なり、迷子札は一般の人でも飼い主にコンタクトができるようにするための手段となります。

保健所や動物愛護センターに連れ込まれることなく、飼い主の元に帰ってくる可能性が高くなります。

犬の鑑札と迷子札の違い

~両方付けるべきなの?~

犬の鑑札と迷子札は両方付けておくことをおすすめします。

愛犬が迷子になってしまった時、鑑札だけでは一般の人に飼い主の特定ができないため、保健所や動物愛護センターに連れて行かれることになるでしょう。

また、迷子札だけで保健所や動物愛護センターで保護されてしまった場合、鑑札がないと行政は飼い主さんを探さなくても良いようになっています。

飼い主さんや里親が見つからなければ、殺処分の対象にもなってしまうでしょう。

もちろん迷子札があるにも関わらず、敢えて殺処分をするようなことはないと思いますが、確実に帰ってこられるようにするためには、鑑札と迷子札の両方を付けておくようにした方が良いでしょう。

犬の迷子札おすすめ商品

近年、迷子札にもさまざまな素材やデザインの物が販売されています。

革製や金属製、プラスチック製など幅広いデザインの中から、おしゃれを楽しむことができます。

今回は、数ある迷子札の中からおすすめ商品を紹介します。

犬の迷子札おすすめ商品①

~犬に負担にならない&個人情報対策も安心!!Hurtta(フルッタ)

ヨーロッパで人気の高いアウトドア犬用品を製造しているメーカーの、機能的デザインの首輪です。

首輪は、首に当たる部分にフカフカ素材を使用しているため、犬の首や喉にダメージを与えません。

裏側には、電話番号などの連絡先が書き込める迷子タグが付いています。

連絡先が表に出るのは防犯上不安だという人におすすめの商品です。

商品ページ:『Hurtta(フルッタ)迷子札』

犬の迷子札おすすめ商品②

~定番タイプ!!オーダーメイド人気商品!!

プレートタイプの定番型です。

表には愛犬の名前、裏には飼い主の名前や連絡先などお好みで刻印してもらえるオーダーメイドです。

犬の首輪に通してアクセサリー感覚で取り付けられます。

商品ページ:『愛犬用オリジナル迷子札オーダーメイドのサークルミニone』

犬の迷子札おすすめ商品③

~持ってる首輪に簡単装着!!セミオーダー迷子札~

プレートに名前や電話番号をセミオーダーで彫刻してもらったら、マジックテープを使って持っている首輪に取り付けられるタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です