パピヨンを飼うときに注意しておきたいこと


パピヨンの基本情報

  • 原産国:フランス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:13~15歳
  • 価格相場:10~20万円
パピヨン,犬,寝る

パピヨンの概要

大きな立ち耳を持つパピヨン。
パピヨンとはフランス語で「蝶」という意味を持ち、その大きな立ち耳が蝶々が羽を広げたように見えることからパピヨンと名づけられました。

フランスを原産とする超小型犬で、祖先犬はスペインが原産のトイ・スパニエルの一種だとされています。

フランス王妃マリー・アントワネットが愛した犬としても有名です。

エレガントで愛らしい容姿と明るく愛玩犬らしい性格から高い人気を集め続けている犬種です。

パピヨンの身体的特徴

  • 体重:3~4.5kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:20~28cm
  • 被毛:長毛・シングルコート
  • 毛色:白地に黒・茶・レモン・セーブルなど
パピヨン,犬,横

【大きさ】

パピヨンは、体高20~28cm体重3~4.5kg程度の超小型犬です。

すらっとしたバランスの良いスタイルを持っており一見華奢な印象を受けますが、意外と丈夫な体つきをしており身体能力も高い犬種です。

【お顔】

アーモンド形のパッチリとした大きな目に、蝶の羽のように広がった大きな立ち耳が特徴的な犬種です。

【被毛】

パピヨンは、被毛は絹糸のような細く滑らかな直毛の長い被毛を持っています。
耳や胸、四肢・尾には豊富な飾り毛が生えており、優雅な印象を受けます。

【毛色】

白地に「ブラック」「ブラウン」「レモン」「セーブル」など、すべての色が認められています。
白地が多いほど好ましいとされていますが、単色については認められていません。

近年では白地に「ブラック」や「ブラウン」の斑が入った「トライカラー」も人気があるようです。

パピヨンの性格・気質

  • 明るく活発
  • 甘えん坊
  • 賢くしつけやすい
  • 警戒心からの無駄吠えに注意
パピヨン,犬,膿,海

パピヨンの性格・気質①
~甘えん坊で飼い主大好き~

パピヨンは遊びが大好きな明るい性格をしています。
飼い主とのスキンシップを好む甘えん坊な性格でもあります。

また、知能が高い犬種の一つでもあり、しつけやすい犬種と言われています。
人に褒められることが好きなので、褒めて伸ばすことでどんどん吸収して学んでいってくれるでしょう。
その賢さを利用してイタズラをすることもあるようです。

パピヨンの性格・気質②
~甘やかし過ぎに注意~

パピヨンは、プライド高く自己主張の強い一面も持ち合わせているため、甘やかして育ててしまうとわがままに育ってしまうので注意が必要です。
特に賢い犬種ですので、飼い主さんとの立場が逆転してしまないようしっかりしつけていきましょう。

また、怖がりな一面もあり、成犬になるにつれて警戒心が強くなる傾向があるため、無駄吠えに注意しましょう。

パピヨンの飼うときの注意点

パピヨン,犬,畳

飼う前に知って欲しい。パピヨンの飼育費用

とても可愛いパピヨンを飼ってみたいみたいと考える人は多いでしょうが、経済的な面も考慮に入れた上で迎え入れる必要があります。

というのも、たとえ小型犬であっても飼育にかかる費用には、ご飯代・ペットシーツ代・トリミング代・おもちゃなどの雑費が必要となります。

月1万円前後、年間にするとおよそ15万円もの金額が必要となってくるでしょう。

さらに、パピヨンの健康維持のためには医療費もそれなりに掛かってきます。
狂犬病ワクチン接種や混合ワクチン接種、フィラリアやノミ・ダニの予防薬の投与などは定期的に行なう必要がありますし、去勢や避妊手術にもお金が掛かります。

また、病気になってしまった場合には、犬には人間のような健康保険の制度がないため、1回の治療や手術には高額な費用が掛かってくることもあります。

ペット保険に加入したとしても、補償範囲がありますので、ある程度、経済的に余裕がないとパピヨンを飼うのは現実的に難しいと言えるでしょう。

パピヨンは留守番が苦手

飼い主やその家族が日中、家にどのぐらい居られるのかは重要なことです。

犬には犬種によって留守番が比較的得意な犬種とそうでない犬種がありますが、甘えん坊で常に飼い主と一緒にいたい性質を持ったパピヨンは留守番を苦手とすることが多いようです。

もちろんトレーニング次第で留守番をさせることも可能になりますが、留守が多いご家庭や一人暮らしなどでの飼育は向いていない犬種かもしれません。

また、生後2~3ヵ月はまだ消化器官が発達していないため、餌は3~4回ぐらいに分けてあげなければならない点やパピー期はかじってはいけないものの区別ができずペットシーツなどをかじってうっかり誤飲でもしたら大変なことになってしまうでしょう。

したがって、日中お世話する人の有無などを考慮し、必要によってはペットシッターなどの利用も検討する必要があるでしょう。

安全な室内環境を整えよう

パピヨンは小型犬のためお散歩などの外出時以外では室内飼育が基本となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です