パピヨンのタレ耳。健康に過ごすためのホームケア方法とは?


立ち耳と垂れ耳のパピヨンについて

皆さんは、初めからパピヨンは、耳が立っている犬だと思っていませんでしたか?
いいえ、実は違うんです!!元々のパピヨンの耳は、垂れ耳でした。
ときどき、立ち耳のパピヨンも産まれていたと思いますが、、、。
19世紀ごろに、他の立ち耳の小型犬(ポメラニアンなど)と掛け合わせて作られました。
垂れ耳のパピヨンは、16世紀では、王侯貴族などから大変、可愛がられてきました(歴史上の有名な人物はマリー・アントワネット)。
ですから、立ち耳のパピヨンの歴史はまだ、浅いですね。

垂れ耳のパピヨンについて

垂れ耳のパピヨンは、別名があります。
それは「蛾」です。
フランスで呼ばれていました。
立ち耳のパピヨンは、「蝶」ですのでそれぞれ、違った意味になりますね。
ですが、日本では同種としています。
国によっては別の犬種としているところもあるようです。

ホームケア方法

ケアを行う前に、、、。
犬の耳は人間とは違い、耳の奥がL字に曲がっている構造になっていますので、鼓膜は人間より、傷つけにくくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です