パピヨンが安全に暮らすための室内環境について


温度と湿度

実は犬にとって、湿度と温度の調整は不可欠です。
温度は気を付けていても湿度はなかなか気を付けないのではないでしょうか?特に原因が無いのにどこかぐったりしている、元気が無いと言う場合は湿度が身体にあってない場合もあります。
愛犬の温度と湿度はどれくらいが快適であるか、常に気を付けてあげましょう。
また、パピヨンが生活する高さは人間よりずっと低いです。
このことも考慮して温度と湿度を整える際は、パピヨンの高さで調整するようにします。
個体差にもよりますが、湿度は40%~60%が過ごしやすいとされています。
温度は人が快適だと思う温度を保つと良いでしょう。

床面について

パピヨンは、比較的病気をすることが少ない犬種です。
しかし活発な犬種であるため怪我が多い犬種でもあるのが現状です。
そのため、フローリングなどの滑る素材は彼らにとっては大敵です。
必ず滑り止めの工夫をしてあげましょう。
犬用滑り止めワックスや、シートなどが販売されていますので上手に利用すると良いですね。
特に、犬用の滑り止めワックスは、水をはじく性質も持っていますのでおしっこ汚れやご飯で床が汚れてしまった場合、掃除しやすいのも利点です。
塗るのは面倒ですが一度塗ると1年程持ちますので、是非ためしてみてください。
カーペットを敷くのも良いのですが、どうしても不潔になりがちです。

火元や階段

台所は犬にとって大変魅力的な場所です。
ですが、火を使う場所でもありますので危険な場所でもありますよね。
台所には入らないように躾ける、防護柵を設置する、などの工夫をして侵入を防ぎましょう。
また、階段があるご家庭は、上り下りできないように躾けるのが良いでしょう。
自由に行き来させる場合は、階段に滑り止めシートを敷くなど工夫して転ばないように注意します。
階段で滑るのはとても危険ですし、大事故に繋がります。

安心安全な環境を

人が安心して生活できる環境でも、パピヨンにとっては危険である場合もあります。
室内環境を整える場合は、パピヨン目線で行うようにし、細かなところまで注意できるように気を配ります。
また上から物が落ちることもとても危険ですので、パピヨンが生活する範囲の場所には特に気を付けて配置しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です