犬を病院に連れていく目的と嫌がる時の対処法


注射器,犬

犬の病院とは?

動物の診療を目的として獣医師が開設した病院、「動物病院」のことです。
犬を対象としている病院には、「動物病院」という名称の他にも「犬猫病院」「ペットクリニック」「獣医科病院」「アニマルクリニック」などの名称が使われていることもあります。

かかりつけの病院を持とう

犬を飼い始めたら、かかりつけの病院を見つけておくことは大切なことです。
普段は健康な犬でも、いつ病気になってしまうかわかりません。 時には、急を要することもあるでしょう。
そんな時に迷うことなく頼れる動物病院を見つけておきましょう。

また、子犬期から同じ病院で診てもらうことで、その犬のカルテが充実し病気や問題の早期発見が可能になります。
普段から診てくれている獣医師であれば、犬の心理的負担も減らしてあげることができるようになります。

動物病院の選び方

近年、動物病院の数は右肩上がりで増え続けています。
そんな中からどの動物病院を選べば良いのかと悩む飼い主さんも多いでしょう。
飼い主さんの多くは、「家から近い」の理由で選んでいらっしゃる方が多いかもしれません。
もちろん犬の具合が悪い時の移動距離を考えると家から近いことも大切なことですが、他にも、以下のポイントからも選ぶことをおすすめします。

  • 獣医師と犬との相性
  • 獣医師と飼い主との相性
  • 病院内は清潔にされている
  • 飼い主と犬どちらにも丁寧に接してくれる
  • 分かりやすく説明してくれる
  • 診療料金が分かりやすく納得できる
  • 検査や手術が必要になった時、適切な病院や専門医を紹介してくれる

犬が病院に行く目的 病気の時

人が病気の時に病院に行くように、犬が病気の時にも病院に連れて行ってあげましょう。
病院での基本的な流れは、基本的に「受付→診察→検査→治療→会計」となります。
診察では、犬は自分で症状を話すことはできません。
愛犬のことを一番知っている飼い主が症状を把握し、獣医師へ的確に伝え、速やかに診察・治療を受けるようにしましょう。

病院へ連れて行くタイミング

犬は本能から体の不調を隠そうとすることがあります。
そのため、症状が目に見えて現れるようになったころには、重症化していることも少なくありません。
元気がない、食欲がない、下痢をしているなど、いつもと違う様子が見られたら、動物病院で診察してもらうようにしましょう。

費用はどれくらい?

◆病院でかかる費用(病気の時)=初診料or再診料+検査料+治療費

動物病院で診察を受ける場合には、まず初診料・再診料が必要となります。
そして、症状によって検査を行いますので、検査内容に応じた料金が生じます。
さらに、検査結果や症状に基づいて治療が施された場合には、治療費として薬代や処置代(注射や点滴)などが必要となってきます。