コーギーの服について。コーギーに服を着せるメリット・デメリットは?


極力、ご自宅の室内では洋服を着させない、ストレスフリーな環境が望ましいです。

コーギーの洋服を選ぶときのポイント3つ

様々ある犬用の洋服ですが、実際コーギーに洋服を選ぶ時には3つのポイントがあります。

1.愛犬コーギーの寸法をきっちり測る

同じコーギーでも、体の大きさは微妙に違います。

洋服のサイズ表示に、犬種名が載っている場合がありますが、それはあくまで参考にするだけに留めましょう。

ご自身のコーギーの寸法をきちんと測った上で、洋服選びをするとサイズ選びで失敗することがありません。

2.伸縮性のある生地を選ぶ

活発に動き回るのが大好きなコーギーですから、あまりにもデザイン重視で選んでしまった場合、その洋服に全く伸縮性がないと、とても動きづらくコーギーはストレスを溜めてしまい、結果、洋服が大嫌いとなってしまい兼ねません。

コーギーの洋服選びをするときは伸縮性のある生地を選びましょう。

3.コーギーの洋服デビューはシンプルな洋服から

犬用の洋服には、様々なデザインのものがあります。

洋服を着ることに慣れているコーギーなら、どんなデザインのものでも問題なく着せることが出来ますが、まだ洋服に慣れていない、もしくは、初めて洋服を着せるなどというコーギーには、極力脱着が簡単なシンプルな洋服を選ぶようにしましょう。

最初からつなぎのような、難易度の高い洋服などにチャレンジしてしまうと、洋服を着るという過程自体に拒否反応を起こされてしまいます。

できれば簡単なタンクトップやTシャツなどから始め、少しずつ慣らすようにします。

コーギーの洋服、価格相場はどれくらい?

コーギー.しっぽがない.子犬

平均的なコーギーの洋服の価格相場は、1,500〜5,000円くらいになります。

犬の洋服も人間と同じで、ファストファッションから高級ブランドファッションまで、価格帯は幅広くあります。

どこにこだわり、どういうものを欲しいかによって価格は変わってきます。

価格が上がる理由として、

  • ブランドのネームバリュー
  • こだわった生地を使用している
  • 完全オーダーメイドの手作り
  • 着やすさや機能にこだわっている

などがあります。

ファストファッションを優先し、ワンシーズン着たら新しい物を買うのも良し。

質のいいものを長く着せるのでも良し。

いずれにしろ、コーギーがストレスなく洋服を快適に着るということを前提で、飼い主さんの愛情を込めて洋服探しをしてください!

コーギーの洋服☆おすすめショップ

コーギーの体は、胴長短足で、ふっくらとした特徴的な体つきをしているので、洋服を選ぶ際はできるだけコーギー用の洋服を選ぶようにしましょう。

共通サイズのデザインに惹かれる時は、袖がなく襟が狭いものを選ぶと良いでしょう。

袖付きの洋服は、足が短いコーギーは袖が地面についてしまったり袖が抜けてしまいます。

コーギーを専門にしているショップをいくつか紹介します。

odd EYEコーギー服の専門店オッドアイ

コーギーの洋服をメインに制作していて、愛犬の体形に合わせたサイズオーダーに合わせて名前まで入れてくれます。

パーカーやメッシュ素材などスポーティなデザインが多く扱っているようです。

Tansoku&Do-naga Club

コーギー服の専門店です。
企画・生産・販売まですべてオリジナルで、幅広いジャンルを取り扱っています。

JUST DOG MARKET(ジャスト ドック マーケット)

東京都内に店舗があるコーギーグッズの専門店です。
インターネットでも購入することができます。

コーギーの洋服の他、コーギーをモチーフとした小物や雑貨なども扱っています。

ハンドメイドショップChobitto

コーギーの洋服のハンドメイドショップで、注文後に作ってくれます。
愛犬のコーギーにぴったりのサイズや、名前プリントなどのお好みのカスタマイズをすることができます。

Creche(クレイシー)

コーギーのお洋服専門店で、コーギーの体にぴったりフィットするように試行錯誤されています。
また、サイズのオーダーメイドにも対応してくれるので、愛犬にぴったりサイズが手に入ります。

Natade Cocoコーギー&中型犬の手作り服屋さん

コーギーを中心とした中型犬専門のネットショップです。
名前プリント 浴衣や着物、なりきり服など幅広く扱っていて、見るだけでも楽しめるネットショップです。

コーギーの洋服☆おすすめ商品紹介

暑い夏にぴったり!バンダナ付きボーダータンク

ただのボーダー柄のタンクトップではありません。

生地には防虫加工がされていて、お腹部分にはポケットが付いているのですが、中に保冷剤を入れることができるようになっています。

暑い夏でも元気に遊び回りたいコーギーにぴったりですね。

ホームページ:バンダナ付きボーダータンク

コーギーの雨の日の散歩にRain Dog Guard

コーギーは雨や雪の日に散歩させると、足・お腹周りはグチャグチャ。

全身も濡れてしまうと乾かすのに一苦労します。

また、レインコートを苦手とする犬は少なくありません。

でもこのご紹介しますレインコートは、レインコート特有のシャカシャカ音が少なく、動きやすいのが特徴で、スヌード一式型で、コーギーの全身を守ります。

ホームページ:Rain Dog Guard

真冬の散歩はコーギーだって寒い! おすすめ丈長ダウン

お住いの地域によっては、ダブルコートの被毛を持つコーギーにも寒い冬が訪れます。

ダウンジャケットはたくさん売っていますが、コーギー用というのはなかなかありそうでありません。

ご紹介するダウンジャケットは、コーギー用に作られたサイズなので完璧です!

いつもの散歩がさらに楽しくなります♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です