愛犬が下痢をした時の原因と対処法は?動物看護師が説明します!


普段と違うものを食べた時や、ドッグフードを変えた時に、下痢を起こす場合には食物アレルギーが原因となることがありますので、原因となる食物を除去する必要があります。

ウィルス感染や細菌感染

ウィルスや、細菌が何らかの形で体に入ってくると、下痢を引き起こすことがあります。

下痢引き起こす代表的な病気は、犬パルボウィルス感染症や犬ジステンパー、コロナウィルスによる感染です。
このウィルス感染による感染症は、命に関わる怖い病気ですので注意が必要です。
また、大腸菌やサルモネラ菌などの細菌感染が原因で下痢を引き起こす場合もあります。
基本的にはウィルス感染は予防接種で予防することができますので、ちゃんと打つことをおすすめします。

内部寄生虫

子犬で多い下痢の原因の一つと言えるのが、内部寄生虫です。
内部寄生虫の多くは、腸内に寄生するものが多いです。
回虫、ジアルジア、糞線虫、マンソン列頭条虫、瓜実条虫などの様々な種類の寄生虫がいます。

このような内部寄生虫が寄生することによって、下痢や血便などの症状を引き起こします。

精神的

精神的なものから下痢をする場合もあります。
個体差もありますが、神経質な性格の犬や、臆病な犬に多くみられます。

最近家に迎え入れた場合や、引越しをした後、新しい犬を迎え入れた時や新しく家族が増えた時などの、環境が変わった場合に下痢をする犬はよくいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です