犬と会話ができる!?カーミングシグナルを学ぼう!


わたしはあなたに敵意はありません

  • 円を描くように近づく
  • 目をそらす
  • 目の前に座る

これらの動作は相手に敵意がない事を表現しています。
また、敵意がないことに加え、相手の気持ちを落ち着かせようとする意味合いがあります。
ドッグランや散歩の時など、初めて会う犬や人に対してこれらのカーミングシグナルが多くみられますが、この場合は飼い主が見守る程度で様子を見ていても大丈夫でしょう。

わたしはストレスと不安を感じています

  • あくびをする
  • 耳を掻く
  • 体をブルブルする
  • 足を舐める

これらの動作が見られるときはストレスや不安、緊張を感じています。
犬を叱っている時にあくびをされて、ムッとしたことがある方は結構多いのではないのでしょうか?人間の感覚だと叱っている最中にあくびなんてもってのほかな行為ですが、犬の場合は眠いのではなく、強いストレスを表しています。
叱っている時にあくびや耳を掻いている動作が見られた場合には叱るのを止めて飼い主がクールダウンし、犬の不安やストレスを取り除いてあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です