犬はマンゴーを食べてもいい?マンゴーの栄養素や与える際の注意点


犬はマンゴーを食べても大丈夫か?

結論から言うと、犬はマンゴーを食べても大丈夫です。

ただし、与え方など注意しなければならないことがあります。

マンゴーは、犬の体にも嬉しい栄養素が含まれていて、甘い香りと食感が気に入る犬も多いでしょう。

それでも、犬にとって必ず必要な食べ物というわけではありません。

カロリーや糖分が高いため愛犬の肥満の原因になったり、体に良いはずの栄養素が逆に健康を損なうことにもなりかねませんので、適量を守って与えることが大切です。

マンゴーの栄養成分・効用

マンゴーに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

  • 水分
  • βカロテン
  • ビタミンA・B・C
  • カリウム
  • クエン酸
  • 食物繊維
  • リン
  • カルシウム
  • ビタミンB1・B6

マンゴーは夏場の熱中症予防夏バテ予防高齢犬の水分補給としても

マンゴーは、およそ80%が水分からできているため、夏場の熱中症予防夏バテ予防高齢犬の水分補給としても役立ちます。

βカロテンは、皮膚の粘膜の維持を助けてくれる老化防止に効果を発揮します。

必要に応じて体内でビタミンAに変換され、視力の維持や皮膚・粘膜の維持を助ける栄養素にもなります。

さらに、体の免疫力を高める効果があり、がんや心臓病の予防になるとも言われている犬にとっても嬉しい栄養素の1つです。

熟したマンゴーほどβカロテンの量が多くなると言われています。

マンゴーに豊富に含まれている食物繊維には、整腸作用があり便通を良くしてくれる効果が期待できます。

カリウムは、腎臓の機能をサポートして余分な塩分を排出してくれるので、血圧の上昇などを防いでくれますよ。

マンゴーを犬に与えても良い量

マンゴーを犬に与えるときの適量

マンゴーを犬に与えるときの適量は、多くても15gまでです。

「少ないのでは?」と思ってしまいますが、犬にとっては十分な量です。

小型犬ならこれより少ない量でも良いでしょう。

マンゴーは、100gあたり64kcalと高カロリーのフルーツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です