犬の食糞の原因とその意味。予防法・解決法について


~速やかに片付ける~

犬が排便した時には、速やかに後片付けをする習慣を付けましょう。

この時に片付けている姿を極力犬に見せないようにして、食べてしまう時間もなく片付けるようにすることで予防していきましょう。

食糞の予防法④

~病気の予防~

病気による食糞をやめさせることは非常に困難です。

病気にならないよう予防して、普段からよく観察して病気の早期発見早期治療に努めましょう。

食糞の予防法⑤

~ストレスを溜めさせない~

普段からストレスを溜め込まないよう、十分な運動とコミュニケーションの時間を作ってあげましょう。

ストレスは食糞だけでなく、あらゆる問題行動を起こす引き金となります。

犬に食糞を止めさせる方法

食糞をしないよう予防するだけで食糞が治ることもありますが、すでに癖になってしまっているような場合は根気強く接していかなければなりません。

以下の方法を組み合わせて取り組んでみましょう。

食糞の止めさせる方法①

~注意を他のことに向ける~

犬が排便して食糞してしまいそうになる前に、注意を他のことに向けてみましょう。

おやつやおもちゃ犬の好みに合わせて、糞のある場所より遠くに投げてみると良いでしょう。

それを取りに行っている間に、糞を速やかに片付けてしまいましょう。

食糞の止めさせる方法①

~サプライズによるしつけ~

犬が食糞しそうになったら、大きな音を立てて犬がびっくりすることで行動を制止させる方法です。

小銭の入った貯金箱や鍵の束などを床などに投げます。

この時、飼い主が投げていることは犬に知られないようしましょう。

食べるのを止めたら注意を他のことに向けて褒めてあげましょう。

食糞の止めさせる方法①

~食糞防止シロップ~

しつけグッズの中に食糞防止シロップというものがあります。

食事に混ぜておくことで、糞の味を変えたり消化吸収を高めてくれ食糞を防止するというものです。

食糞の止めさせる方法①

~パイナップルで食糞防止~

パイナップルは、食糞防止シロップのような役割を果たし、パイナップルを食べることで味の悪い糞になるそうです。

少量のパイナップルの果実であれば犬は食べても大丈夫ですが、量や与え過ぎには注意して試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です