プチブラバンソンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


プチブラバンソンの基本情報

プチブラバンソンはベルギーを原産とする犬種で、ベルギーの国犬に指定されています。

同じくベルギー原産の小型犬、「ブリュッセルグリフォン」や「ベルジアン・グリフォン」が改良されるにあたって誕生した犬種です。

この3種類を同一犬種として登録している団体も存在しますが国際畜犬連盟や日本国内では別犬種として認定されています。

プチブラバンソンの歴史

プチブラバンソンの歴史

~ルーツ~

前述でも述べたように、プチブラバンソンは「ブリュッセルグリフォン」や「ベルジアン・グリフォン」が改良 されるにあたって誕生した犬種です。

1800年以前のベルギー・ブリュッセルでは、食物を荒らすネズミなどの害獣駆除を狩る「グリフォン」と呼ばれる小型の地犬に人気が集まっていました。

馬小屋の害獣駆除や、馬車の守衛などとしても活躍していました。

1800年代後半になるとグリフォンは、当時人気が出ていた短吻種(鼻ぺちゃ)に改良されることになり、パグやヨークシャーテリア、イングリッシュトイスパニエルなどとの交配が行われました。

そしてパグとの交配によってスムースコートなどの短毛の個体が生まれるようになります。

しかし、「グリフォン」とはフランス語で“針金のような”を意味するワイヤータイプの犬だったため、名前とは対照的な短毛の個体はなかなか受け入れられることはありませんでした。

しかし、短毛のその犬たちは比較的安価で手に入れることができたため、次第に庶民階級の人々に人気が出始め、後に「プチブラバンソン」として認定されることになりました。

ちなみに、「グリフォン」の改良にあたって生まれた犬種は、赤茶色でワイヤーコートの個体を「ブリュッセルグリフォン」、黒い被毛を持つ個体を「ベルジアン・グリフォン」として区別されています。

プチブラバンソンの歴史

~名前の由来~

元々はフランス語で”針金のような”を意味する「グリフォン」でしたが、この犬種だけは短毛を持っていたために別の名前が与えられました。

「プチブラバンソン」の「ブラバンソン」はベルギーの地名「ブラバント」に由来してつけられています。

プチブラバンソンの特徴

  • 体重3~6kgの小型犬
  • 「不機嫌」な顔
  • 被毛は2種類「ラフ」と「スムース」
  • 毛色はレッドが一般的

プチブラバンソンの特徴

~大きさや身体的特徴~

プチブラバンソンは、体高20cm前後、体重3~6kgの小型犬です。

体長と体高がほとんど同じ正方形の体型に、長めの足とバランスの良い体型をしています。

パグの血が入っているためマズルは短く、大きな目、しわの入った顔、黒いマスク、耳先が垂れた三角のボタン耳をしていて、突き出たアゴを持っています。

「困り顔」のパグに対して、プチブラバンソンは「不機嫌顔」のような印象を受けます。

アメリカなどでは断耳することがあり、本来持つ垂れ尾も断尾することがあるようです。

プチブラバンソンの特徴

~毛色や毛質~

プチブラバンソンの被毛には2種類あります。

ゴワゴワとした硬めのラフタイプと、光沢のあるスムースタイプです。

毛色にはレッドやフォーン、ブラック・アンド・タンなどがありますが、一般的にはレッドの個体が多い傾向にあるようです。

プチブラバンソンの性格・気質

  • 好奇心旺盛でイタズラ好き
  • 飼い主家族に愛情深い犬
  • 他の犬とも仲良し
  • 束縛を嫌う自由でマイペースな性格

プチブラバンソンの性格・気質

~不機嫌顔なのに明るい犬~

プチブラバンソンは、好奇心旺盛で活発な犬種です。

心身の成長段階では何にでも興味を持ってイタズラしてしまうようなこともありますが、年齢を重ねるにつれて穏やかな性格へとなっていくでしょう。

社交的なので他の犬とも仲良くなりますが、見知らぬ人に対しては相性を選ぶことがあります。

それでも攻撃性を見せるようなことは少ないため、小さな子どもさんや他の動物・犬とも仲良くできるでしょう。

プチブラバンソンの性格・気質

~知性的だが頑固者~

知性的で飼い主に対する愛情深さや忠実さを持ち合わせているものの、頑固で独立心が強い面からしつけでは少し時間が必要となります。

マイペースなため、束縛されたり管理されることを好まない犬種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です