犬の値段の相場について。理由も交えて解説します


犬種別・価格の相場

犬の価格の相場はその時々の状況で変化していきますが、犬種、大きさ、希少性、人気度、血統書の有無などによっておおよその価格が決まってきます。

世界で最も高額な犬種ランキング トップ5

【1位】ローシェン 100万円~

・原産国:フランス(小型犬)

・体高:25cm~33cm

・体重:4kg~8kg

ローシェンとはドイツ語の小さなライオンという意味で、「リトル・ライオン・ドック」とも呼ばれています。

「ライオンクリップ」というライオンのたてがみのようなカットが特徴です。

ルネッサンスのころからフランスの貴婦人達に愛玩犬として可愛がられ、ルネッサンス絵画にも多く描かれています。

スタイルの維持が大変なことや噛み癖などの理由から人気は下降し、19世紀頃に絶滅の危機を迎えます。

その後、一部のローシェン愛好家の手によって改良が重ねられ再び人気犬種になりました。

現在でも非常に生存数が少なく、希少犬種として世界で一番高額な犬といわれています。

【2位】サモエド 80万円~

・原産国:ロシア(中型犬)

・体高:48cm~60cm

・体重:16kg~29kg

純白の被毛が美しく、体型がスピッツに似ていることから「シベリアン・スピッツ」とも呼ばれています。

3000年以上も前からシベリアのサモエド族の使役犬として飼われていました。

豊かな毛量は極寒のシベリアに適しており、主にソリ引き犬やトナカイの番犬、カモシカの狩猟犬として重用されていました。

頑丈な体躯と高い知能、友好的で穏やかな性格が人気の犬種です。

微笑んでいるような口角は「サモエドスマイル」と呼ばれ愛されています。

毛色の純白度が高いほど希少価値があり価格も高くなるようです。

【3位】チベタン・マスティフ 76万円~

・原産国:中国チベット(超大型犬)

・体高:66cm

・体重:64kg~82kg

中国のチベット地方で生まれた独特な風貌の超大型犬です。

高度経済成長期にあった中国で、超大型犬であるチベタン・マスティフは、富と権力の象徴として富裕層がこぞって飼い始め価格が暴騰しました。

最高では2億円という値段がついたチベタン・マスティフもあり、世界の愛犬家を驚かせました。

最近の経済の低迷に加えて、飼育の難しさもあり価格の暴落が見られますが、それでも優良なブリーダーから生まれる血統の良いチベタン・マスティフは高値で取引されています。

【4位】ファラオ・ハウンド 70万円~

・原産国:マルタ共和国(大型犬)

・体高:53cm~64cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です