犬の小型犬についての基礎情報をおさらい!

トイプードル

犬,小型犬

小型犬とは?

小型犬の特徴

一般的に犬は、体重によって小型犬・中型犬・大型犬に分類されています。

厳密な定義はありませんが、体重が10kgまでの犬を小型犬、体重10~20kgは中型犬、体重30kg以上の犬を大型犬と分類しています。

さらに、小型犬の場合、体重が5kgまでの小型犬を超小型犬と呼んでいることも多いです。

小型犬の魅力

小型犬の魅力と言えば、やはり1番に「可愛さ」が目立ちますよね。

小さくコロコロ動き回る小型犬は、何をしていても可愛いと思ってしまうものです。

次に、「飼いやすさ」です。

体が小さく扱いやすいことからも、飼いやすいという魅力があります。

飼育費用の面から考えても、大型犬と比べて食事量が少なくドッグフード代が抑えられることや、動物医療費やトリミング代なども安く済みます。

他にも散歩時間が少なくて済む、飼育スペースを取らないなどの飼いやすさが数多く挙げられます。

小型犬の種類

小型犬は何種類いるの?

日本で大人気の小型犬ではありますが、次々と人気犬種として挙がってくる犬の種類。

一体全部で何種類いるのか気になったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

現在、世界では非公認犬種を含めて700~800の犬種があると言われています。

しかし、小型犬・中型犬・大型犬の厳密な定義がないため、小型犬だけの数を特定することは難しいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です