犬が抱っこを嫌がる原因と正しい抱っこの仕方


子犬のころは素直に抱っこされるのに慣れていたとしても、抱っこに拒絶反応を示すことがあるのです。

どんなに嫌がっても諦めず、おやつなどを使って抱っこをする習慣に慣れさせていきましょう。

犬の抱っこ正しい仕方

抱っこ嫌いの犬にならないためにも、正しい抱っこの仕方を知っておきましょう。

犬の上手な抱っこのポイントは、

  • 人と犬との密着度を多くする
  • 犬を圧迫しないよう優しく抱き上げる
  • 犬のお尻や腰辺りを安定させてあげる

小型犬の抱っこの仕方

片方の手を犬のお尻の方から前脚の中間にまで持っていき、腕も使って抱き上げて犬と体を密着させるように安定してあげます。

もう片方の手で包み込むように抱きます。
この時の手は、犬の腰やお尻付近になります。

こうすることで、安定感ができ人との密着感から犬が安心しやすくなります。

中型犬・大型犬の抱っこの仕方

小型犬の抱っこの仕方で抱けないほどの体の大きい犬の場合の抱っこの仕方です。

あらかじめ犬をソファなどの高い場所に誘導しておくことで抱き上げる時の負担を軽減できます。

犬の側面に体を近づけたら、両手を広げて腕全体を使って前脚の付け根辺りと後脚の膝裏から腰辺りを包むこむようにして持ち上げます。

この時に犬との密着度が高いほど犬は安心します。

また、お腹や胸などに犬の体重を分散させて抱き上げることで犬の重みの負担を軽減することができますよ。

犬が抱っこを痛がる時

犬を抱っこしたときに「キャンッ」と鳴いて痛がるときには、なにか問題が隠れているかもしれません。

犬が抱っこを痛がる時の原因①

~病気~

犬は、病気になると触られたり抱っこされるのを嫌がり、痛がる仕草を見せることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です