一度見たら忘れられない!犬がライオンになるための方法をご紹介


犬用のライオンたてがみとは?

犬用のライオンたてがみコスチュームが人気だそうです。

もともとは犬の防寒用・コスプレ用ネックウォーマーなのですが、某ネット通販会社のCMに登場するゴールデンレトリバーがつけたことから一躍有名になりました。

犬と家族愛を考える・・

話題のCMとは、赤ちゃんが大きなレトリバーを怖がって泣いたのを見たお父さんが、赤ちゃんの好きなぬいぐるみと同じライオンのたてがみのネックウォーマーを買い、それをレトリバーに被せて仲良くさせるというものです。

家族愛があって感動的だと人気があったCMですが、反面ライオンのコスプレをしなければ家族にしてもらえない犬が可哀想だという愛犬家の意見も多く見られました。

確かに、犬のほうが赤ちゃんよりずっと長く夫婦の家族として暮らしていたわけですし、赤ちゃんが生まれることは当然予測できたわけです。

犬と赤ちゃんを含めた家族としての生活の仕方を、前もって学んでおくのが犬を飼うものとしての常識でしょう。

犬用コスプレ・ライオンたてがみで人気者になろう!

CMの是非はともかく、ライオンのたてがみをつけたレトリバーは微笑ましく、うちの犬にも・・と思われた方も多いのではないでしょうか。

ちょっとした犬仲間の会合やパーティなどで、愛犬にライオンたてがみをつけさせて参加したら、会場の人気者になること間違いなしですね。

インスタグラムやツイッターにも多くのコスプレわんこが投稿されています。

自慢のコスプレわんこ同士での交流も楽しいかもしれません。

嫌がるのを無理やり被せたり、長時間つけたままにしたりしないように、あくまでも犬の負担にならないことを前提に楽しみましょう。

犬のライオンカットのメリット・デメリットを知る!

今流行りのライオンカットはトリミングのサマーカットのひとつです。

ライオンカットとはライオンの容姿に見立てて、頭頂部と尻尾の先だけを残して全身をバリカンで刈り上げてしまうカットのことです。

ポメラニアン・チワワ・コーギー・マルチーズ・レトリバー・ハスキー・コリーなどの長毛種の犬種なら殆どの犬がライオンカットにすることができます。

ライオンカットのメリットとは?

大型犬ならライオンそのもののように見えますし、小型犬はライオンのミニチュアのようなキュートさに人気が高まっています。

室内犬の長毛種にとって日本の夏は湿度が高く、25℃を超える暑さはかなりの負担になります。

サマーカットにして毛を短くすることでかなり涼しく過ごすことができます。

ライオンカットは頭頂部と尻尾の先以外の毛を刈り上げてしまうので、毛玉ができたり長毛が蒸れて皮膚病になったりするのを防ぐことができます。

夏場は水遊びの機会も多くなり、遊んだあとのシャンプー後もタオルドライだけで済みお手入れも簡単で衛生的です。

ライオンカットのデメリットとは?

・犬の被毛は大切な断熱材!

犬の被毛は生きていくために必要な役目を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です