トイプードルのミックスにはどんな種類がある?


トイプードルのミックス犬 人気5種

1.チワプー

トイプードルとチワワのミックス犬です。
チワワが入っているため、ミックスの中でも特に小型なのが特徴です。
両犬種とも毛色が豊富なので、様々なカラーが誕生しています。
毛質はトイプードル特有のカールした毛を持つ個体が多いです。
耳は垂れ耳が多いですが、中には立ち耳もいます。
性格は利口で、しつけがしやすいです。
チワワの気の強さが弱まるので、人懐っこい性格になることが多いです。

2.マルプー

トイプードルとマルチーズのミックス犬です。
どちらに似てもフワフワの被毛になります。
両犬種とも放っておくと毛が伸び続けるシングルコートなので、定期的なトリミングが必要になります。
しかし抜け毛は少なく、室内で飼いやすい犬です。
大人しく、飼い主さんに従順な性格が多いです。
甘えん坊になりやすいので、留守が少ない家庭に向いています。

3.ダップー

トイプードルとミニチュアダックスフンドのミックス犬です。
体形はダックスフンドのような胴長短足になることが多いです。
被毛はトイプードルのカールした毛が出やすいです。
顔付きは、どちらの犬種に似るかで全く異なります。
賢くフレンドリーな性格です。
いたずら好きな一面があるので、たくさん遊んであげると喜びます。

4.ポメプー

トイプードルとポメラニアンのミックス犬です。
ポメプーは、両親どちらかの特徴が強く出ることが多いです。
毛色は掛け合わせた個体によって様々なカラーになります。
生まれた時はポメラニアン似のストレートの毛が多いですが、成長とともにカールした毛に変わることもあります。
明るく活発な犬です。
ポメラニアンの性質を受け継いだ子犬は、やや警戒心が強いこともあります。
両犬種とも吠えやすい傾向があるので吠えグセのしつけは必須ですが、番犬として活躍できる犬です。

5.シュナプー

トイプードルとミニチュアシュナウザーのミックス犬です。
トイプードルよりやや大きいサイズになることが多いです。
外見は、ミニチュアシュナウザー特有の眉やひげが出やすいです。
しかし被毛はトイプードルの柔らかくてカールした毛になる場合が多いので、それぞれの特徴が合わさった犬になります。
性格は明るくて社交的です。
やや頑固なところがありますが、しっかりしつけをすればとても賢い犬に育ちます。

トイプードルのミックス犬を飼う時の注意点

純血種同士の掛け合わせは、それぞれの遺伝病を引き継ぐために病気になる可能性が高いです。
もちろん病気にならない個体もいますが、それは成長してみないと全くわからないのです。
危険性を持った犬であることを理解した上で、責任をもって飼うことが必要です。
「雑種犬は病気に強い」と耳にしたことがあるかもしれませんが、これは何世代にも渡って様々な血が混じった犬を指します。
純血種同士、しかも一代目のミックス犬は、この「雑種犬」のくくりには含まれないのです。
とても愛らしいトイプードルのミックス犬は、世界に1匹しかいないレア感が魅力です。
しかしミックス犬はどんなふうに成長するのか、全く予想がつきません。
想像していたのと違うと思うことがあっても、最後まできちんと可愛がっていける犬を飼って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です