アメリカンコッカースパニエルのお手入れについて


「ピンブラシ」でとかした後で、「コーム」を使って毛並みを整えてあげましょう。

抜け毛が気になる場合は?

ダブルコートのため、換毛期には特に抜け毛が目立つようになります。

こまめなブラッシングと、洋服を着せることで毛が落ちるのを対策している飼い主さんが多いようです。

大きな垂れ耳のお手入れ方法とは?

大きな垂れ耳は、耳の中の通気性が悪いため汚れやすく、耳の病気になる恐れがあります。

できるだけ毎日耳の中を確認して汚れている場合は、タオルなどで拭き取ってあげます

「イヤーローション」を使った耳掃除も、月1~2回程は行うようにしましょう。

更に、耳の中の通気性を良くするために、「耳毛抜き」を使って耳の中の毛を抜くことも忘れずに行いましょう。

耳の毛は、ゴミや虫の侵入を防ぐためにあります。

耳の毛を抜くときは、全ての毛を抜くのではなく、減らす程度にしておきましょう。

アメリカンコッカースパニエルのブラッシング方法

具体的に、アメリカンコッカースパニエルのブラッシングはどうやったらいいか、ご紹介していきます。

◆ブラッシングに最適なアイテム◆

  • スリッカーブラシ (もしくはピンブラシ)
  • コーム
  • 絨毛ブラシ
  • ブラッシングスプレー(乾燥時期)

◆ブラッシング方法◆

  1. まず、スリッカーブラシ (ピンブラシ)で被毛の流れに沿ってブラッシングをします
  2. 絡みを見つけた場合、無理に引っ張らず、その箇所の被毛を部分的に掴み、皮膚を引っ張らないように、優しく絡みをほどいていきます
  3. 全身をブラッシングしたあと、コームで仕上げていきます
  4. 最後に絨毛ブラシでブラッシングすることで、アメリカンコッカースパニエルの被毛に艶が出ます

*乾燥時期にはブラシングスプレーを使うことで、静電気を防ぎます。

アメリカンコッカースパニエルのシャンプー方法

アメリカンコッカースパニエルは最低でも月に1~2回はシャンプーをするようにしましょう。

あまり頻繁にシャンプーをする必要はありませんが、怠ってしまうと、臭いや皮膚の清潔が保てず、炎症を起こしてしまうことがあります。

それでは具体的にシャンプーの仕方をご紹介いたします。

◆アメリカンコッカースパニエルのシャンプーの仕方◆

  1. 全身をブラッシングします
  2. シャワーの温度を37~38度に設定します(人が触って少しぬるいというくらいがベスト)
  3. シャワーヘッドを体にくっつけ、シャワー音がしないように、全身を濡らす
  4. 犬用のシャンプーを洗面器などでお湯と入れ、中で泡だてます
  5. 泡をアメリカンコッカースパニエルの面積の広い部分から乗せていきます
  6. 洗う順番…背中→お尻→お腹→手足→顔
  7. 流すとき…顔→全身
  8. 体を洗うときは爪を立てず、指先でマッサージするように洗います
  9. 手足や肉球、脇、お腹、お尻などは汚れやすいところなので、念入りにマッサージします
  10. また、顔もいろいろなところの匂いをかいだりして汚れやすいところでもあります
  11. 目にシャンプーが入らないように、優しく洗い流しましょう

アメリカンコッカースパニエルの被毛を乾かすときの注意

シャンプー後は、しっかりタオルドライをして、少しでもドライヤー時間を短縮させましょう。

ドライヤーで乾かすときは、根元から乾かすようにし、生乾きになってしまうと、匂いや皮膚の炎症の原因になってしまうので、完全に乾かすようにします。

乾かしながら、ブラッシングをし仕上げていきます。

目の周りのお手入れも忘れずに!

アメリカンコッカースパニエルは目の病気が多い犬種です。

目の周りを清潔に保ち、涙やけや目やにが気になる場合は、蒸しタオルで拭き取ってあげましょう。

また、目の周りの毛が目にかからないようにカットして衛生を保ちましょう。

アメリカンコッカースパニエルの自宅でできるトリミング方法

アメリカンコッカースパニエルはトリミングが必須な犬種になります。

定期的にトリミングをしてあげないと、見た目が悪いだけではなく、ひたすら伸び続けてしまうので、視界の悪さや手足の被毛のせいで、ケガに結びつくこともあります。

プロのトリマーさんにトリミングしてもらうのが間違いありませんが、次の予約までのお手入れとして、自宅で私たちがしてあげられることもあるので、ご紹介いたします。

◆自宅でできるトリミングは?◆

  • 爪切り
  • 足裏の被毛のカット
  • お尻周りの被毛のカット
  • 場合により全身のカット

◆自宅でのトリミングで必要な道具◆

  • シャンプー・コンディショナー
  • ドライヤー
  • スリッカーブラシ 
  • コーム
  • クリッパー
  • カット用のハサミ
  • スキばさみ
  • 爪切り・やすり

◆トリミング方法◆

アメリカンコッカースパニエルのトリミングをするときには、とにかく被毛が汚れていたり、絡んでいたりすると、クリッパーやハサミを使うとき、被毛がからんで痛がりますので、シャンプー・コンディショナーをして、完全に被毛を乾かし、ブラッシングした後で行います。

◆アメリカンコッカースパニエルの爪切り◆

アメリカンコッカースパニエルに限らず、爪切りを嫌がる犬はたくさんいます。

無理をする必要はありませんが、少しづつ爪を触ることから始め、できるようなら爪切りをしてみましょう。

爪切り後は、切り口がシャープなので、やすりを使い痛くないように角を落としましょう。

◆アメリカンコッカースパニエルの足裏の被毛のカット◆

アメリカンコッカースパニエルの足裏の被毛のカットは、肉球からはみ出ている被毛を、クリッパーで刈っていく作業になります。

無理に肉球ギリギリまで刈ろうとすると、慣れていないうちは、大変嫌がる可能性もあります。

ケガをさせてしまっては大変なので、肉球が見える程度に頑張りましょう。

また、犬の足はどうにでも曲がるわけではなく、一方向にしか曲がりません。

関節が曲がる方向にだけ曲げさせてカットするようにします。

◆アメリカンコッカースパニエルのお尻周りの被毛のカット◆

お尻周りにモコモコ被毛があると、ウンチをしたときにどうしても汚れてしまいます。

できる範囲で、カットできると清潔が保てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です