子犬が咬むのは何のサイン?シーズーの子犬ならどうすべき?

子犬の歯は、生後5ヵ月くらいまでには乳歯が生え揃います。
そして、1歳くらいまでに永久歯に生え変わります。
子犬のこの時期は、歯が生えたり抜けたりを多く繰り返します。
歯が生えるのも抜けるのも子犬にとっては違和感があるもので、気持ちが悪いものです。
その結果、タオルやおもちゃなど、いろいろなものを咬む延長で飼い主を咬んだりすることがあります。

咬む時はどうすればいいの?

遊びたい時やかまって欲しい時に咬まないようにする方法としては、小さいうちから手や足で遊ばせないことです。
シーズーは人懐っこく、人と遊ぶ事も大好きですが、手や足で遊ばず、おもちゃを使いましょう。
また、「咬むと遊ばない」姿勢を見せないといけません。

シーズーは聞き分けがよく、子犬のうちはしつけやすい性格です。
遊んで欲しい時、構って欲しい時に噛む癖があれば、子犬のうちにしつけにより改善可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です