ポメラニアンの散歩の仕方と注意点


その他にも、ポメラニアンが安全にお散歩するために注意しておきたいことを見ていきましょう。

季節に合わせたお散歩

夏場のお散歩はコンクリートが熱くなり肉球がやけどしてしまう可能性もある上、暑さが苦手なポメラニアンが熱中症にもなりやすくなるので、安全にお散歩ができるよう朝早い時間帯か日が沈んでしばらく経った夜の時間帯にお散歩させてあげるようにしましょう。
こまめな水分補給も忘れずに行ってください。

梅雨などの雨が多い季節には、運動不足になりがちです。
運動量が少なめではありますが、ストレス発散の意味でも運動量に気を付けてあげてください。
室内ドッグランなどに連れて行ってあげるのも良いかもしれませんね。

階段などの段差

ポメラニアンは、骨や関節が弱い犬種です。
太り気味などであれば特に、外での段差などの障害物に注意しておかないと骨折や脱臼の原因になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です