愛犬が熱中症になってしまったら?熱中症ってどんなもの?動物看護士が教えます。


熱中症の原因は?

熱中症になってしまう原因は、暑い時間帯の散歩や、屋外で飼育している場合、暑くなった車内で放置された場合などがあります。
最近よくある原因では、室内で飼育していても、エアコンをかけずに締め切った状態で、長時間留守番させている場合にも熱中症になることとあります。

また、熱中症になりやすい犬の特徴として、パグやフレンチブルドッグやシーズーなどの短頭種や、長毛種や毛の密量が多い犬がなりやすいです。
他にも、黒っぽい毛色の犬や、肥満の犬などもなりやすいです。
また、活発な犬も熱中症になりやすいです。
夏の暑い時期に、外で走りまわるなどとずっと動いている犬も注意が必要です。
季節は、やはり夏場が多いですが、春や秋も温度が高い日は熱中症になる可能性もあるので、安心は出来ません。

熱中症はどんな症状?

熱中症は、体の中に熱がこもってしまう状態です。
体温調節をしようと、まず呼吸が荒くなり、激しいパンティングをします。
そして、ぐったりして元気がなくなります。

犬の平均体温は、38度前後ですが、熱中症になると体温も上昇し、40度を超えてしまいます。
また、心拍も上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です