【動物看護士が解説!】犬のワクチンって、どんな種類や効果があるの?


犬用ワクチンの副作用について

犬用ワクチンの副作用主な症状は?

主な症状は発熱、食欲の低下、蕁麻疹などです。

さらに、重度な副作用ですと「アナフィラキシー反応」です。

このアナフィラキシー反応は、呼吸困難になるなどの生命に関わるため危険です。

なお、犬用のワクチンの副作用がでる確率は15万分の1となっており、低いですが犬用ワクチン接種後の愛犬の様子に変わりがないかなど、しっかり見ましょう。

犬のワクチンについて まとめ

犬のワクチンについて、いかがでしたか?

ペットショップなどでも提示がある場合もある犬用ワクチン。

愛犬にワクチンを接種することで、防げたり重症化をしずに済む病気もあります。

しかし、場合によっては副作用がでる場合もありますので、愛犬のワクチン接種は動物病院の獣医師と相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です