ポメラニアンの歴史〜ドイツで誕生し、イギリスで愛された犬

ポメラニアンの先祖

ポメラニアンの先祖は、スピッツ系に属するサモエドだと考えられています。
このサモエドを先祖に持つ犬は他にも、チワワ、スピッツ、パピヨンなどいます。

ポメラニアンの先祖サモエドは、長い間、アイスランドなどでソリ犬や牧羊犬として人々と暮らしていました。
そしてある時、牧羊犬として働いていたポメラニアンの先祖をドイツに連れていき、ドイツにあるポメラニア地方という地域で小型化し、そこからポメラニアンが誕生しました。

ただし、当時のポメラニアンはまだまだ今より大きく、体重も10kgはあったとされています。
また、この頃はまだポメラニアンとは呼ばれておらず、「ジャーマンスピッツ」と呼ばれていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です